リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い
ホーム > 作品情報 > 映画「リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い」
メニュー

リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い

劇場公開日

解説

『ソロモン王の洞窟』、『海底二万海里』、『トム・ソーヤの冒険』など名作文学のヒーローが一堂に会する、ファンタスティック・アクション・アドベンチャー。主演は元祖ジェームズ・ボンド、ショーン・コネリー。原作は『フロム・ヘル』で知られるアラン・ムーアがストーリーを書いた人気コミック。

ストーリー

1899年、ロンドンの中心部にある英国銀行が襲撃される。鉄仮面のリーダー“ファントム”率いる超近代兵器で武装した謎の一団は、金魂や札束や宝石類には手をつけず、古い海上都市の設計図面だけを盗んでいった。そして、アフリカで悠々自適の生活を送っていた伝説の冒険家アラン・クォーターメイン(ショーン・コネリー)のもとに、英国政府の使者が訪れ、世界大戦の勃発を防ぐため、ユニークかつ超人的な能力を持つチームのリーダーになることを依頼する。対岸の火事でないことを身をもって悟ったクォーターメインは、ロンドンへ向かう。秘密会議の席上、軍事情報部のM(リチャード・ロクスバーグ)は、ヨーロッパ国家間のテロ行為の黒幕が“ファントム”であると説明し、間もなくベニスで開かれるヨーロッパ列強による極秘の和平会議の妨害を阻止するよう、クォーターメインに命じる。かくしてクォーターメイン以下、潜水艦ノーチラス号のネモ船長(ナサーラディン・シャー)、透明人間のスキナー(トニー・カラン)、半吸血鬼の美女ミナ(ペータ・ウィルソン)が集まり、“ザ・リーグ”が結成される。さらにロンドンでドリアン・グレイ(スチュアート・タウンゼント)、“ファントム”の兵士として潜入捜査していたアメリカの諜報員トム・ソーヤー(シェーン・ウエスト)、パリに潜伏していたジキル&ハイド(ジェイソン・フレミング)を仲間に加え、7人チームとなった“ザ・リーグ”は、“ファントム”の野望を拒むためノーチラス号でベニスへと向かう……。...

作品データ

原題 The League of Extraordinary Gentlemen
製作年 2003年
製作国 アメリカ
配給 20世紀フォックス映画
上映時間 110分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.1 3.1 (全4件)
  • 子どもと観たい映画 ショーン・コネリー最後の出演作、そして製作総指揮もこなしているよう。 荒唐無稽な話だが上手くまとめてます。 61点。 ...続きを読む

    neonrg neonrgさん  2016年2月4日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 団結の力が強いだけに惜しい 超人紳士同盟のメンバー一人一人が役割を発揮してこそ達成できたミッション、この形は綺麗でした。 しかし、何故くせ者っぽい感じの彼が一致団結できたのか説明不足だと感じました。(特にハイド氏) ...続きを読む

    ロボグモン ロボグモンさん  2015年6月27日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • さらっと楽しめた。 さらっと楽しめた。 ...続きを読む

    REpower REpowerさん  2015年6月5日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi