アンナ まなざしの向こうに
ホーム > 作品情報 > 映画「アンナ まなざしの向こうに」
メニュー

アンナ まなざしの向こうに

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

1960年代のドイツを舞台に、少女アンナの瞳に映る母と娘、そして男と女の愛の物語を繊細なタッチで描く。主人公のアンナを演じるのは、オーディションにより抜擢され本作がスクリーンデビューとなったアリス・ディーケリング。アリスの母親ソフィーを演じるのは、ポール・バーホーベン監督やハリウッド作品など、国内外で活躍しているベテラン女優レネ・ソーテンダイク。監督は本作が長編映画初監督となるウラ・ヴァグナー。

ストーリー

1960年代初めのドイツ郊外。少女・アンナ(アリス・ディーケリング)は、11歳。母親のソフィー(レネ・ソーテンダイク)と幼い弟のローリー(ステファン・デルグリュン)と小さな田舎町に住み、父親が家にいないことを除けば、親子3人明るく毎日を過ごしている。父親であるはずのフリッツ(フィリップ・ペータース)の記憶は、アンナにはない。ソフィーから聞かされる父の話は、戦争に行って戦死したことと、近所の工場を経営している短気なフランツ(ゲッツ・シューベルト)の弟であったということだけだ。父親がいないことにアンナ自身は不満はなかったが、気がかりなのは愛する夫を失ってから、仕事もせずに酒に溺れる母ソフィーのことだ。当然のごとく生活は苦しく、家賃は滞納し、アンナが中学に進学する資金にも困っていた。アンナもソフィーも何とか今の生活から抜け出したかったが、父親のいない家庭に社会は冷たい。そんな時、ソフィーはアンナにフィリッツが実はまだ生きていて、フランスのどこかで暮していることを告白する。「死んだはずのパパが生きている!」。いつか父親に会えることを夢見て、アンナたち一家は前向きになった。ソフィーもアルコール中毒での入院から回復し、家族が幸せになりかけたある日、一通の手紙がソフィーの元に届いた。手紙はフリッツからのものだった。そこには、ソフィーとアンナのもとに帰る気持ちがないことが書かれていた…。絶望から酒を浴びるように飲み、命を絶ったソフィー。ローリーとはなればなれに暮らすことになり、アンナはフランツに保護される。そしてある日、アンナは父親に会いに行くため、ひとり国境を越える……。...

作品データ

原題 Anna Wunder
製作年 2000年
製作国 ドイツ
配給 パイオニア映画シネマデスク
上映時間 98分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi