ニューヨーク 最後の日々
ホーム > 作品情報 > 映画「ニューヨーク 最後の日々」
メニュー

ニューヨーク 最後の日々

劇場公開日

解説

ニューヨークで生きるパブリシストの男の24時間を描いた都会派ヒューマン・ドラマ。監督はTVシリーズ『Sex and the City』のダン・アルグラント。製作総指揮はロバート・レッドフォードほか。撮影は「マルホランド・ドライブ」のピーター・デミング。音楽は「ポワゾン」のテレンス・ブランチャード。出演は「インソムニア」のアル・パチーノ、「8 Mile」のキム・ベイシンガー、「ワン・モア・タイム」のライアン・オニール、「ジュラシック・パーク・」のティア・レオーニ、「アイ・アム・サム」のリチャード・シフ、「スパイダーマン」のビル・ナン、「トゥー・ウィークス・ノーティス」のロバート・クライン、「ストーリーテリング」のマーク・ウェバーほか。

ストーリー

パブリシストとして成功をおさめたイーライ・ウーマン(アル・パチーノ)は、華やかな生活の陰で消耗しきっていた。彼の唯一の慰めは、亡き弟の未亡人ヴィクトリア(キム・ベイシンガー)。彼女と共に故郷のヴァージニアで暮らすことがイーライの希望だったが、その前に、彼は自分のプライドのため、刑務所に収容されたナイジェリア難民の救済を訴えるイベントを成功させねばならなかった。その大切な日の前夜、顧客の大スター、ケアリー・ローナー(ライアン・オニール)から、暴行事件を起こして逮捕された愛人の女優ジリー・ホッパー(ティア・レオーニ)を釈放させてほしいという電話が。イーライは、ケアリーがイベントに出席することを交換条件に引き受けるが、ジリーはホテルで、イーライが眠っている間に殺害されてしまった。イーライはその現場にいたことで警告を受けるが、そんな中、いよいよイベントが始まる。ケアリーをはじめ、黒人指導者のブラント牧師(ビル・ナン)や大富豪のエリオット・シャランスキー(リチャード・シフ)らが出席したため、結果は大成功。満足したイーライは、ヴィクトリアと共に暮らす決意を固めるが、彼女と別れたあとで刺殺されてしまうのだった。...

作品データ

原題 People I Know
製作年 2002年
製作国 アメリカ
配給 アートポート(アートポート=伊藤忠商事=エニライツ 提供)
上映時間 100分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.0 3.0 (全1件)
  • 疲れ果てたパチーノ。 周りに翻弄され振り回されっ放しで老体に鞭打って馳け廻るパチーノが痛々しい。 地味な作品でありながらココ最近のパチーノ作品の中ではシリアスで渋く良作。 精神的にも体力的にも年齢的にもボロボロなパチ... ...続きを読む

    万年 東一 万年 東一さん  2016年6月1日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

ニューヨーク最後の日々
ニューヨーク最後の日々
2014年9月12日
¥500
ビデオマーケット
※プレミアムコースの場合

他のユーザーは「ニューヨーク 最後の日々」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi