少女の髪どめ
ホーム > 作品情報 > 映画「少女の髪どめ」
メニュー

少女の髪どめ

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

イラン人の若者がアフガンの少女に無償の愛を注ぐ物語。監督・製作・脚本は「太陽は、ぼくの瞳」のマジッド・マジディ。出演は「父」に続きこれが二本目のマジディ作品となるホセイン・アベディニ、「運動靴と赤い金魚」のモハマド・アミル・ナジ、これがデビューとなるザーラ・バーラミほか。2001年ナショナル・ボード・オヴ・レヴュー賞表現の自由賞、同年ヒホン映画祭監督賞、脚本賞、同年イラン映画批評家賞特別賞ほか多数受賞。

ストーリー

冬のテヘラン。17歳のイラン人の少年ラティフ(ホセイン・アベディニ)は、建築現場で買い出しやお茶くみの仕事をしている。親方のメマール(モハマド・アミル・ナジ)は、アフガン難民に同情的で、違法と知りつつアフガン人も雇っている。ある日、転落事故で足を折ったアフガン難民労働者のナジャフ(ゴラム・アリ・バクシ)の代わりに、息子と称するラーマト(ザーラ・バーラミ)が働きにやってきた。力仕事が苦手なラーマトはやがてラティフの仕事と交替。それが皆に好評を博したものだから、ラティフは面白くない。しかしラティフは、まもなくラーマトが女の子だということに気づく。たちまち彼女に恋してしまったラティフは態度が急変。翌日から髪を整え、事あるごとにラーマトをかばうようになった。だが、アフガン人を雇っていないかチェックしている調査官からラーマトをかばったせいで、ラティフは警察に連行。建築現場に戻った時、髪どめ一つを残して彼女はもう去っていた。ラティフはラーマトを捜し、彼女が冷たい急流で辛い仕事をこなす姿を見る。ラティフはラーマトをいまの仕事から解放するため、大切なIDカードを手放してまで金を工面し、ナジャフを訪ねてメマールから預かってきたと嘘をつき金を渡した。しかしナジャフはこの金で、ラーマトの本当の姿である娘のバランと一緒にアフガンへ帰るという。もう二度と彼女に会えなくなることにショックを受けるラティフだが、翌日、雨の中で旅立つバランを見送るのだった。...

作品データ

原題 Baran
製作年 2001年
製作国 イラン
配給 日本ヘラルド映画(日本ヘラルド映画=朝日新聞社=樂舎=アミューズソフト販売 提供)
上映時間 96分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi