ロベルト・スッコ
ホーム > 作品情報 > 映画「ロベルト・スッコ」
メニュー

ロベルト・スッコ

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

実在の連続殺人犯ロベルト・スッコを描いた衝撃作。監督・脚本は「倦怠」のセドリック・カーン。原作はジャーナリストのパスカル・フロマンによるルポルタージュ。出演はこれがデビューとなるステファノ・カセッティ、新進女優のイジルド・ル・ベスコ、「倦怠」のエステル・ペロン、「夢だと云って」のヴァンサン・デネリアーズ、「クロコダイルの涙」のエリナ・リーヴェンゾーンほか。

ストーリー

南フランスのトゥーロン。イタリア訛りのフランス語をまくしたてる若い男カート(ステファノ・カセッティ)は、少女レア(イジルド・ル・ベスコ)と偶然出会い、ごく自然に恋仲となる。トゥーロンを離れてしばらくたち、カートがレアのもとを訪ねてくる。久しぶりに会う彼は様子が変わっており、何も言わずレアの前から姿を消すと、思い出したように彼女の前に現われる、そんなことを繰り返すようになる。やがて、連続殺人事件を追っていた刑事たちが、その犯人としてカートに近づき始める。彼はスイス国境で、たまたま車に乗ろうとしていた女性教師を人質に、ドイツへの逃走を開始。教師が車から飛び降りた後、武装警察が包囲する中、カートはイタリアに帰郷する。その頃、レアはカートの指名手配を知り、警察に出頭。憲兵隊のトマ(パトリック・デリゾラ)の執拗な尋問を経て、カートの身元が判明。1986年5月に精神病院を逃亡したロベルト・スッコだった。まもなく彼は逮捕され、刑務所に収監。そしてある日、独房の中で、ビニール袋を自らの頭にかぶせ自殺するのだった。...

作品データ

原題 Roberto Succo
製作年 2001年
製作国 フランス・スイス合作
配給 セテラ・インターナショナル=バップ
上映時間 124分

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第54回 カンヌ国際映画祭(2001年)

出品
コンペティション部門
出品作品 セドリック・カーン

他のユーザーは「ロベルト・スッコ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi