シャーロット・グレイ
ホーム > 作品情報 > 映画「シャーロット・グレイ」
メニュー

シャーロット・グレイ

劇場公開日

解説

第二次世界大戦中、占領下のフランスのレジスタンス運動に身を投じた女性の情熱的な魂の旅を描いたストーリー。原作は、セバスチャン・ホークス。監督は、「若草物語」「オスカーとルシンダ」のジリアン・アームストロング。出演は、「オスカーとルシンダ」「エリザベス」のケイト・ブランシェット、「あの頃ペニー・レインと」のビリー・クラダップ、「ゴスフォード・パーク」のマイケル・ガンボン、「ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ」のロバート・ペンリー・ジョーンズほか。

ストーリー

看護婦のシャーロット・グレイ(ケイト・ブランシェット)は、汽車で出会ったリチャード(ジェームズ・フリート)に誘われたパーティーでパイロットのピーター(ルパート・ペンリー・ジョーンズ)と出会い、恋に落ちる。その折、リチャードからはフランスのレジスタンス運動に誘われる。その数週間後、ピーターは行方を失い、彼女はフランスへと向かう。そこで地元レジスタンスのリーダー・ジュリアン(ビリー・クラダップ)は、ユダヤ人の幼い兄弟を匿う父ルベード(マイケル・ガンボン)の元へ彼女を送る。指令をこなす中で多くの仲間を失い、ジュリアンもシャーロットも、誰も信じられなくなっていく。そしてある時、彼女の体を狙っていたルネック(アントン・レッサー)と役人が、ユダヤ系のルベードか子供達を引渡すように迫る。ジュリアンは父を引き渡すが、その後、兄弟も連行されてしまう。ジュリアンはルネックを殺し、シャーロットにここから逃げようと誘うが、彼女は断る。何かしなければいけない、と心に決めていたのだ。そして彼女は、収容所へ向かう列車に乗り込んだルベードに、「幼い兄弟の親から」として書いた手紙を託す。その後、死んだと思っていたピーターに再会するが、彼には別れを告げ、フランスへと赴くシャーロット。そこで再会したジュリアンに初めて自分の名を明かし、ふたりはきつく抱き締めあうのだった。...

作品データ

原題 Charlotte Gray
製作年 2001年
製作国 アメリカ
配給 UIP
上映時間 121分

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
3.3 3.3 (全1件)
  • 恋に落ちたら、女は皆、行動派になる。 ネタバレ! 映画「シャーロット・グレイ」(ジリアン・アームストロング監督)から。 というより、作家・フェミニストの肩書きを持つ遙洋子さんの 観終わった感想で見つけたフレーズが、この映画の印象にはピッタリ。 ... ...続きを読む

    shimo shimoさん  2009年4月19日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

シャーロット・グレイ (字幕版)
シャーロット・グレイ (字幕版)
2014年1月1日
¥300
Google Play

他のユーザーは「シャーロット・グレイ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi