パニック/脳壊
ホーム > 作品情報 > 映画「パニック/脳壊」
メニュー

パニック/脳壊

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

殺し屋として生きてきた男の心が、人生の転機とともに崩壊していくサイコロジカル・サスペンス。監督は、本作が初の長編劇場作品となるヘンリー・ブロメル。出演は、「ファーゴ」のウィリアム・H・メイシー、「M★A★S★H」「普通の人々」のドナルド・サザーランド、「スクリーム」のネーヴ・キャンベル、「プレタポルテ」のトレーシー・ウルマンほか。

ストーリー

アレックス(ウィリアム・H・メイシー)は、父マイケル(ドナルド・サザーランド)の下でやってきた家業の殺し屋を引退したいが、それを父が許さない事を分かっており、悩んだ挙句セラピストのパークス(ジョン・リッター)の所へ通い始めるが、彼の話を信じてくれない。しかしそこの待合室で、サラ(ネーヴ・キャンベル)という美女に出会ったアレックスは、彼女に魅せられてしまう。そんな中、次の殺しのターゲットがパークスだったためアレックスは困惑する。そしてアレックスの不審な行動から、パークスも自分が狙われていると気づく。一方でサラへの気持ちが募るアレックスは彼女の家に行き、口論のはずみからふたりは関係を持つ。アレックスの妻マーサ(トレーシー・ウルマン)は夫の行動に不信感を抱き、彼を問いただす。アレックスは自分のコントロールできない現状に焦燥感を感じていた。そんな折、息子のサミー(デイヴィッド・ドーフマン)がリスを殺したことを告白したため、アレックスは、マイケルがサミーまで殺し屋にしようとしていることに気付き、驚愕して家を飛び出す。そして、マイケルを撃ち殺してしまうのだった。...

スタッフ

監督
脚本
ヘンリー・ブロメル
製作総指揮
デビッド・クーパー
製作
アンドリュー・ラザー
ロリー・ミラー
マット・クーパー
撮影
ジェフリー・ジュア
美術
ダン・ビショップ
音楽
ブライアン・タイラー
編集
リンジー・クリングマン
シンディ・モロ
衣装デザイン
スーザン・マセソン

作品データ

原題 Panic
製作年 2000年
製作国 アメリカ
配給 エスピーオー
上映時間 88分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi