BALLET アメリカン・バレエ・シアターの世界
ホーム > 作品情報 > 映画「BALLET アメリカン・バレエ・シアターの世界」
メニュー

BALLET アメリカン・バレエ・シアターの世界

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

世界的に有名なバレエ団の一つ、アメリカン・バレエ・シアター(ABT)のダンサーたちとそのレッスン、ワールドツアーの模様を描くドキュメンタリー。製作、監督、サウンド、編集は、現代アメリカを代表するドキュメンタリー映画界の巨匠で、「コメディ・フランセーズ 演じられた愛」のフレデリック・ワイズマン。芸術監督のジェーン・ハーマン、現在も世界トップクラスのプリンシパルであるアレッサンドラ・フェリとフリオ・ボッカら、撮影が行われた1992年当時のABTを代表するダンサー、振付師が出演している。

ストーリー

ABT(アメリカン・バレエ・シアター)の本拠地ニューヨーク。ワールドツアーに向け厳しいレッスンが繰り返されている。芸術監督のジェーン・ハーマン、ゲスト・ティーチャーであるデヴィッド・ハワード、アメリカのバレエ界を代表する振付師アグネス・デ・ミル、往年の名バレリーナ、ナタリア・マカロワら名指導者たちの下、「ブルッフのヴァイオリン協奏曲第1番」「ラ・バヤデール」「火の鳥」「ライモンダ」などを踊るシェリル・イエーガー、スーザン・ジャフィ、クリスティーヌ・ダンハムらダンサーたち。日頃目にすることの出来ないレッスン風景や、舞台裏を支えるスタッフたちの様子など、貴重な映像が続く。いよいよワールドツアーが始まる。ABTがまず向かうのはギリシャのアクロポリス。ライトアップされた夜の舞台で、「眠れる森の美女」のシンシア・ハーヴェイが踊るオーロラ姫のシーンが映し出される。「シンフォニック・ヴァリエーションズ」ではニューヨークのレッスン風景で見たシーンがそのまま舞台となって完成し、アテネ公演のクライマックスでは、ストラヴィンスキーの「春の祭典」が鳴り響く中、大群舞による上演が映し出される。その合間には、浜辺で遊ぶダンサーたちの休日の様子も。ツアーはコペンハーゲンの王立劇場へ。現在も世界トップクラスのプリンシパルである2人、アレッサンドラ・フェリとフリオ・ボッカによる「ロミオとジリエット」が映画の最後を飾る。...

作品データ

原題 Ballet
製作年 1995年
製作国 アメリカ
配給 大映
上映時間 170分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「BALLET アメリカン・バレエ・シアターの世界」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi