プレッジ
ホーム > 作品情報 > 映画「プレッジ」
メニュー

プレッジ

劇場公開日

解説

引退直前の刑事が殺人事件を通じ、妄執に取り憑かれて行動する異色人間ドラマ。監督・製作は「クロッシング・ガード」のショーン・ペン。原作はスイスの作家、フリードリッヒ・デュレンマットの同名小説。撮影は「ボクサー」のクリス・メンゲス。音楽は「エル・ドラド/黄金の都」のハンス・ジマーと、同作の作曲補を担当していたクラウス・バーデルド。美術は「天使の贈り物」のビル・グルーム。編集はペン監督作常連でもある「ルール」のジェイ・キャシディ。衣裳はやはりペン監督作常連でもある「O〔オー〕」のジル・オハネソン。出演は「恋愛小説家」のジャック・ニコルソン、「アンブレイカブル」のロビン・ライト・ペン、「ソードフィッシュ」のサム・シェパード、「トラフィック」のベニシオ・デル・トロ、「エリン・ブロコビッチ」のアーロン・エッカート、「17歳のカルテ」のヴァネッサ・レッドグレーヴ、「追撃者」のミッキー・ローク、「耳に残るは君の歌声」のハリー・ディーン・スタントン、「鬼教師ミセス・ティングル」のヘレン・ミレンほか。

ストーリー

ある雪の夜、一人の少女の遺体が発見された。引退をその日に迎えていた刑事ジェリー(ジャック・ニコルソン)は、少女の母親に懇願され、何かが憑依したように犯人捜しを約束してしまう。そんな中、ワデナ(ベニチオ・デル・トロ)という知的障害のある男が逮捕され、若い刑事スタン(アーロン・エッカート)の執拗な取り調べにより自白、そして自殺。事件は片付いたように見えたが、定年後のジェリーは一人で事件の足跡を辿り始める。やがて少女の通っていた学校で、少女が殺される直前に描いた絵を手に入れる。彼は犯人が最も姿を現わしそうな地点を推測し、そこに立つガソリンスタンドを買い取った。まもなく、近くのダイナーで働くウェイトレスのロリ(ロビン・ライト・ペン)と知り合い、彼女とその娘と3人での暮らしが始まる。だが、少女に付きまとう奇妙な男を怪しく思ったジェリーは、その男が事件の犯人だと確信する。ジェリーは少女に犯人が近づくのを応援を呼んで見張るのだが、殺人鬼が現われることはなかった。その頃、容疑者は事故にあっていた。娘を囮につかわれたロリは出ていく。ジェリーの確信は妄想となり、とりつかれてしまうのだった。...

作品データ

原題 The Pledge
製作年 2001年
製作国 アメリカ
配給 ギャガ・コミュニケーションズ
上映時間 123分

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第54回 カンヌ国際映画祭(2001年)

出品
コンペティション部門
出品作品 ショーン・ペン

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.2 3.2 (全1件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

プレッジ プレッジ
プレッジ プレッジ
2014年7月1日 2013年12月27日
¥590 ¥309
ビデオパス ニコニコ動画
※au IDが必要

他のユーザーは「プレッジ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi