トマ@トマ
ホーム > 作品情報 > 映画「トマ@トマ」
メニュー

トマ@トマ

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

8年間引きこもり生活を送る主人公トマ・トマが、運命の恋人を見つけるまでの、近未来バーチャル・ロマンティック・ムービー。監督は本作が映画長編デビュー作となるピエール・ポール・ランデル。6分間のアニメ場面を担当したのは、「ぼくのバラ色の人生」のステュディオ・スパークス。スクリーンに顔の映らない主人公トマ役に、舞台俳優ブノワ・ヴェレール。出演は「リュシアン 赤い小人」のイヴァン・ル・モワーヌほか。

ストーリー

200*年、近未来。地球上の何処か。トマ(ブノワ・ヴェレール)は広場恐怖症という病のため、8年間誰とも会わず暮らし、コンピューターを使ったテレビ電話で人とコンタクトを取る。彼の生活と心の健康を管理しているのは、保険会社グローバル社。ある日、グローバル社は「マダムゾエの館」から、訓練された娼婦の無償提供を受けられるという治療プログラムを提案。トマの担当を外された担当医ジロン(フレデリック・トパール)もまた、流行の出会い系クラブ「ハートクラブ」に勝手にトマを登録。トマは「マダムゾエの館」で知り合ったエヴァ(エラン・ヤイ)にコンピューター上でのサイバー・セックスを求め断られる。「ハートクラブ」で知り合ったメロディ(マガリ・パンロー)は、トマの要求を1度は受け入れるが、やっぱり交際を打ち切る。落ち込んだトマは再びエヴァに連絡。実はエヴァは罪を犯したため、刑罰として娼婦をさせられていた。いつも監視されている身のエヴァは、患者であるトマとの交際を禁止されている。それでもエヴァに恋をしたトマの熱意に負け、公園で会おうと誘う。8年間も外に出ていないトマは迷いに迷い、ついに部屋の外に出たのだった。...

作品データ

原題 Thomas est amoureux
製作年 2000年
製作国 ベルギー・フランス合作
配給 日本ヘラルド映画
上映時間 97分
映倫区分 R15+

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi