バロウズの妻
ホーム > 作品情報 > 映画「バロウズの妻」
メニュー

バロウズの妻

劇場公開日

解説

伝説の作家ウィリアム・S・バロウズの妻ジョーンに光を当てた作品。監督・脚本は「ディックの奇妙な日々」のゲイリー・ウォルコウ。撮影はサイロ・カベーロ。音楽はアーネスト・トルースト。出演は「マン・オン・ザ・ムーン」のコートニー・ラヴ、「処刑人」のノーマン・リーダス、「スウィンガーズ」のロン・リヴィングストン、「グリーンズ」のキーファー・サザーランドほか。

ストーリー

1944年、ニューヨーク。ジョーン・ヴォルマー(コートニー・ラヴ)は色仕掛けで地元の薬剤師から薬剤を入手し、仲間たちとドラッグに耽る日々を送っていた。時は流れ1951年、メキシコ。ジョーンはバロウズ(キーファー・サザーランド)と結婚し子供を一人もうけながらも、セックスレスの困窮生活に直面していた。リー(サム・トラメル)という若い男に夢中になり外国旅行に行ってしまった夫への嫉妬。そんな感情に悩むジョーンの前にかつての恋人ルシアン・カー(ノーマン・リーダス)と、ルシアンへの同性愛感情に苦しむ詩人アレン・ギンズバーグ(ロン・リヴィングストン)が現われ、一緒に旅行を楽しむ。そしてルシアンから、一緒にニューヨークへ戻ってくれと愛を告白されるが、彼女は承諾しない。やがてバロウズが帰ってくる。気まずい雰囲気の中、バロウズはジョーンに、ウィリアム・テルごっこをやろうと提案する。ジョーンは頭の上にグラスを乗せ、バロウズは銃を発砲。しかし弾は誤って、ジョーンの頭を撃ち抜くのだった。...

作品データ

原題 Beat
製作年 2000年
製作国 アメリカ
配給 M3エンタテインメント(提供 丸紅)
上映時間 93分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
1.6 1.6 (全1件)
  • なぜバロウズは妻を撃ったのか? ネタバレ! 同性愛者であるバロウズ❪キーファー・サザーランド❫の妻、ジョーンの物語 日記をめくるように淡々と進行するのだが、映画全体の雰囲気がとてもよく飽きさせない ジョーンの女優さんがとても良い味を出して... ...続きを読む

    やまはじ やまはじさん  2015年3月7日  評価:1.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「バロウズの妻」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi