星願 あなたにもういちどのレビュー・感想・評価

星願 あなたにもういちど

劇場公開日 2001年1月27日
1件を表示 映画レビューを書く

ハンカチなくしては見られないです(涙、涙)

泣ける作品という前評判の今作。自身もその通りに、中盤から鼻の奥がつんつん、ラスト15分ごろからは涙の洪水状態となりました。香港版『ゴースト』ともとられていますが、私は映画『愛する人』(ロドリゴ・ガルシア監督)を思い出しました。想いは相手に伝えなければ、それが叶わなくなったときの切なさ悔しさがずっと残るという心情が同じだからです。やってしまったことの後悔より、しなかったことへの後悔の方がより悔やまれるのが人の性なのではないでしょうか。
主人公オニオン(リッチー・レン)とオータム(セシリア・チャン)の二人の役者さんの巧さが、べたなストーリーでも観る者の気持ちを捉え、共感と感動を運んでくれます。
盲目の彼の「目に映るものだけに囚われないで。心の目で見て感じて。そうすれば世界はもっと美しい」というメッセージが心に響きました。やさしい気持ちにしてくれる良作です。
タイトルの星願というだけあって、夜や明け方の蒼をイメージした映像も、その中から聴こえてくるサックスの音色も、セシリア・チャンの清らかな涙顔も。ロマンチック要素も楽しめます。

kakeriko
kakerikoさん / 2014年10月23日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi