ザ・コンテンダーのレビュー・感想・評価

ザ・コンテンダー

劇場公開日 2001年6月23日
2件を表示 映画レビューを書く

政治が正義と公正を貫く困難と向き合え

衝撃のラスト。権力闘争のすえ謀略に身を堕とす政治家、民主主義を牽引するアメリカにも未だ厳然と存在するガラスの天井に打ち砕かれようとする信念、そして政治家の極みであるアメリカ大統領自らが正義と公正を全身全霊をかけて世に問うスピーチ。心が揺さぶられる。

Nobu
Nobuさん / 2015年12月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アメリカと日本は遅れてる

女性初の副大統領候補に指名されたレイン・ハンソン上院議員。その矢先、過去の性的スキャンダル疑惑が浮上し…。

2000年公開の政治ドラマ。アカデミー主演女優・助演男優ノミネート。
窮地に追い込まれながらも己の信念を貫くレインを、ジョアン・アレンが熱演。
ジェフ・ブリッジスの大統領もハマり役。
レインの政敵、ラニヨン下院議員役のゲーリー・オールドマンの凝った演技(と髪型)も印象的。

小難しい政界の話というより、社会派エンターテイメントとして見応えアリ。
レインに降りかかる危機やラニヨンとの口論バトルはスリリング。真っ正面から立ち向かうレインの姿は逞しい。

ラニヨンら政敵はレインのスキャンダルをここぞとばかりに使って攻撃する。
それに対しレインは、逃げ出したりせず、否定もしない。
否定すればするほど攻撃の的となり、自分を貶める事になる。身の潔白は自分が知っている。
レイン側にもラニヨンを攻撃出来るネタを掴む。が、レインはそれで攻撃しようとしない。相手と同じレベルに成り下がる必要はない。
悪あがきせず、堂々と自分自身を信じる。
レインの姿に政治家の鑑を見た。

この映画が公開されたのは10年以上も前。
女性が政治のトップになるのは、映画で描かれるほど目新しかったが、今では多くの国で女性の大統領や首相が誕生している。
アメリカや日本は遅れているのかもしれない。

近大
近大さん / 2013年6月14日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi