オテサーネク 妄想の子供
ホーム > 作品情報 > 映画「オテサーネク 妄想の子供」
メニュー

オテサーネク 妄想の子供

劇場公開日

解説

チェコの民話をベースに命を持った切り株人形の恐怖を描く寓話。監督・脚本・原案・美術は「悦楽共犯者」のヤン・シュヴァンクマイエル。出演は映画初出演のクリスティーナ・アダムツォヴァーほか。

ストーリー

ホラーク(ヤン・ハルトゥル)とホラーク夫人(ヴェロニカ・ジルコヴァー)には子供がなく、二人は失意を抱えていた。ある日、夫人は赤ん坊の形に削った木の切り株をオティークと名付け、我が子としてかわいがるようになる。同じアパートの住人たちの奇異の目や夫の不安をよそに、夫人はオティークに異常な愛情を注ぐが、そのオティークは生命を持ち、恐ろしい食欲であらゆるものを平らげていく。そんな事の真相を理解していたのは、民話『オテサーネク』を読んでいた少女アルジュビェトカ(クリスティーナ・アダムツォヴァー)だけ。民話のオテサーネク同様、オティークは生きた猫や人間まで食べてしまう。収拾のつかなくなったホラーク夫妻は地下室にオティークを閉じこめるが、今度はアルジュビェトカが彼の面倒をみはじめる。やがて少女はアパートの住人をオティークの餌にすることを選び、ついにはホラーク夫妻も食われてしまう。それにようやく気づいたアパートの管理人(ダグマル・ストシーブルナー)は、鍬を持ってオティークのいる地下室に下りていくのだった。...

作品データ

原題 Otesanek
製作年 2000年
製作国 チェコ
配給 チェスキー・ケー=レン コーポレーション
上映時間 132分
映倫区分 PG12

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.9 3.9 (全4件)
  • シュールで不気味 食べ物や人のアップ等なんとなく不快さを煽るような映像が印象に残った。 おとぎ話を下敷きにしたファンタジーらしいけども、 自分の子供が普通と違ったら? そして人を殺すような人間に育ってしまったら?... ...続きを読む

    じぶ じぶさん  2017年4月9日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 行き過ぎた母性本能の狂気かな 2015/10/20、VHSで鑑賞。 他のヤン・シュヴァンクマイエル作品よりも難解さが少なく、普通にホラーとして面白かった。難解さを覚悟して鑑賞したのですがそのへんは拍子抜けでした。 冒頭に水槽... ...続きを読む

    月野沙漠 月野沙漠さん  2015年10月20日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • コントロールできないもの。 コントロールできないものはこわい。 妄想の子供なら、 現実1割くらいなのかな。 ごはんは生きのびるためだけの 手段に見えた。 ...続きを読む

    うでー うでーさん  2015年5月14日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「オテサーネク 妄想の子供」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi