ヴィクトール 小さな恋人
ホーム > 作品情報 > 映画「ヴィクトール 小さな恋人」
メニュー

ヴィクトール 小さな恋人

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

現実社会の前に傷ついた人々を優しく繊細に描く感動作。監督・脚本は「クリスマスに雪はふるの?」のサンドリーヌ・ヴェッセ。出演は同作品のジェレミー・シェイほか。1999年ロッテルダム映画祭国際批評家賞を受賞。

ストーリー

10歳の少年ヴィクトール(ジェレミー・シェイ)は、ある日、父(ローラン・フリュルー)と母(マリリン・デストール)の異常な性行為を見てショックの余り家を飛び出した。行き場をなくした彼は、移動遊園地で働く青年ミック(マチュー・ラネ)の計らいで娼婦トリシュ(リディア・アンドレイ)のアパルトマンで暮らすことに。彼女は、死んでしまった姉が、自殺未遂をしてから精神に異常をきたし、亡くなるまで多くの男たちから性の玩具として弄ばれたという、幼少期の深い心の傷を負ったままだったが、ヴィクトールとの共同生活で穏やかな感情を取り戻していく。そしてトリシュの誕生日。いったんは書き置きを残して出かけていく彼女だが、やがてヴィクトールとミックのもとへ戻り、3人は寄り添うのだった。...

作品データ

原題 Victor... Pendant qu'il est trop tard.
製作年 1998年
製作国 フランス
配給 オンリー・ハーツ
上映時間 88分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi