わんぱくデニス
ホーム > 作品情報 > 映画「わんぱくデニス」
メニュー

わんぱくデニス

劇場公開日

解説

いたずら好きな少年が巻き起こす騒動を描くハートウォーミング・コメディ。デニスはハンク・ミッチャムの漫画に登場するアメリカの人気キャラクターで、1930年代に新聞や雑誌のカートゥーン(ひとこまマンガ)として登場し、テレビ・アニメも製作され、息の長い人気を博している。監督は「タップ」のニック・キャッスル、製作・脚本は「ホーム・アローン2」のジョン・ヒューズ、共同製作はリチャード・ヴェイン、エグゼクティヴ・プロデューサーはアーネスト・チェンバース、撮影は「ビートルジュース」のトーマス・アッカーマン、音楽は「マチネー 土曜の午後はキッスで始まる」のジェリー・ゴールドスミスが担当。出演は「マイホーム・コマンドー」のクリストファー・ロイド、「フロント・ページ」のウォルター・マッソー、「わが心のボルチモア」のジョーン・プローライト、「恋しくて」のリー・トンプソン、「ボブ・ロバーツ」のロバート・スタントン、そして2万人の中からオーディションで選ばれたメイソン・ギャンブル。

ストーリー

あるさわやかな夏の朝、ジョージ・ウィルソン(ウォルター・マッソー)は音楽を聞きながら自宅でくつろいでいた。しかし、いつものように隣に住む男の子デニス(メイソン・ギャンブル)の金切り声でその平和なひと時は破られてしまった。共働きのヘンリー(ロバート・スタントン)とアリス(リー・トンプソン)の1人息子であるデニスのベビー・シッターがなかなか見つからず、ジョージの妻であるマーサ(ジョーン・プローライト)がその役をかって出たことから、ジョージの悲劇は一層深まった。今までさんざんにいたずらの標的にされたのが、嫌でも毎日顔を会わせることになっしてまったのだ。ヘンリーとアリスが出張に出て、ジョージの不幸はまだまだ続くことになってしまった。彼の園芸の功績が認められて受賞したガーデン賞のパーティが自宅で催されるが、例によってデニスのせいで大混乱。その上、ジョージが楽しみにしていた40年に一度だけのランの開花を見ることを邪魔されて、ジョージの怒りは頂点に。大好きなウィルソンおじさんに冷たい言葉を浴びせられ、デニスは泣きながら暗い森の中へと一人紛れこんで行った。その頃、この町では強盗事件が続発していた。「飛び出しナイフのサム」(クリストファー・ロイド)と呼ばれる謎の流れ者に森の中で誘拐されたデニスは、ジョージが大切にしていた金貨を取り戻すべく、立ち向かっていった。一度は困難に陥ったデニスだが、サムをやっつけて家に連れ帰る。デニスはこの事件をきっかけに、ウィルソンとも仲直りをするのだった。...

作品データ

原題 Dennis the Menace
製作年 1993年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース映画

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「わんぱくデニス」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi