ラスト・ヒーロー・イン・チャイナ 烈火風雲
ホーム > 作品情報 > 映画「ラスト・ヒーロー・イン・チャイナ 烈火風雲」
メニュー

ラスト・ヒーロー・イン・チャイナ 烈火風雲

劇場公開日

解説

中国史上最強の武道家、黄飛鴻の痛快無比の活躍を描く武術アクション。主演のリー・リンチェイは、ツイ・ハーク製作・監督のもと「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ」シリーズ(89-92)で黄飛鴻役を演じていたが、トラブルのため3作目で降板。ツイ・ハークは黄飛鴻役に若手のジャウ・ウェンジュオを起用してシリーズを第5作まで続行。本作はこうした事情のもと、リーが自身で起こした製作会社正東製作有限公司で装いも新たに製作した番外編というべき1作。監督は「男たちの挽歌4」のバリー・ウォン。製作はリー自身の変名であるリー・リンチュイ、撮影は「格闘飛龍・方世玉」のジングル・マー、音楽は「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ」シリーズのジェームス・ウォンとマーク・ライの共同、美術はジェーソン・マク、編集はマク・チーセン、衣装は「さらば英雄 愛と銃撃の彼方に」など監督としても知られるトニー・オウ、武術指導は『フィスト・オブ・レジェンド/怒りの鉄拳』(V)のユエン・ウーピンがそれぞれ担当。共演は「ゴッド・ギャンブラー 完結編」のチョン・マン、「ラスト・ブラッド 修羅を追え」のレオン・カーヤン、「金玉満堂 決戦!炎の料理人」のアニタ・ユン、リーの先輩格にあたる武術アクションスター、「少林寺三十六房」のリュー・チャーフィーなど。

ストーリー

扶清滅洋を唱え、中国全土を義和団が荒らしていた清朝末期。黄飛鴻(リー・リンチェイ)は新しい高官(リュー・チャーフィー)と会い、民兵の訓練の要請を受けるが、露骨に挑発的な態度をとる彼に疑念を抱く。そんな折、彼の診療所兼道場“宝芝林”は引っ越し、ところが弟子になることを条件に自邸の隣に新居を世話した男獅虎は実はポン引き、何と道場は娼館と軒を並べる羽目に。潔癖症のウォンの怒りをよそに弟子のフーとソーは隣へ入りびたり、男の妹ジウ(アニタ・ユン)らと付き合いはじめる。ところがそこへ義和団の陰謀に抵抗する父娘が登場。その娘エマ(チョン・マン)は密かに人身売買で利鞘を稼ぐ義和団に捕らえられた妹を救いに、彼らのアジトの能仁寺に潜入したが、父(レオン・カーヤン)が捕らえられたのでウォンに助けを求めに来たのだった。話を聞いたフーらより一足遅れてウォンは寺へ赴き、裏で高官と結託している義和団の怪僧と対決。秘密が漏れることを恐れた高官は、寺での騒動を咎め、ウォンを郷里の仏山に追放、シーフウも娼館を閉鎖される。折あしく悪徳外国人が販売する飲むと聴覚を失う薬品にも侵されていたウォンは、途中エマらに会い、医者であるその父の治療を受ける。さて残されたフーとソー、シーフウらは接収された娼館と道場が義和団によって誘拐した女たちの監禁場所にされているのをみつけ、さらに高官らが外国の要人暗殺を計画しているのを知り、命からがらウォンに知らせに来る。かくしてウォンは陰謀の舞台“邪龍争覇”の会場に乗り込み、高官、実は義和団の首領ルイ・フェイと対決。必殺技“無影脚”を封じられはしたものの、怒りのフェイフォンは秘伝の酔拳を使い、見事ルイを倒すのだった。...

スタッフ

監督
バリー・ウォン
武術監督
ユエン・ウーピン
脚本
バリー・ウォン
製作総指揮
チャールズ・ヒョン
ジミー・ヒョン
製作
リー・リンチュイ
撮影
ジングル・マ
美術
ジェーソン・マク
音楽
ジェームズ・ウォン
マーク・ライ
編集
マク・チーシン
衣装デザイン
トニー・オウ
字幕
水谷美津夫

キャスト

作品データ

原題 Claws of Steel 黄飛鴻鐡雎門蜈蚣
製作年 1993年
製作国 香港
配給 ツイン
上映時間 112分

提供:株式会社キネマ旬報社

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

ラスト・ヒーロー・イン・チャイナ
ラスト・ヒーロー・イン・チャイナ
2015年6月3日
¥324
DMM.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi