罠 ブルーム事件
ホーム > 作品情報 > 映画「罠 ブルーム事件」
メニュー

罠 ブルーム事件

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

'25年のドイツを舞台に、ある失踪事件が人種差別へと発展してゆく恐怖を描いたサスペンス映画。監督はエリッヒ・エンゲル、脚本はロベルト・アドルフ・シュテムレ、撮影はフリーデル・ベーン・グルントとカール・プリンツナー、音楽はヘルベルト・トラントウが担当。出演はクルト・エアハルト、カリン・エヴァンスほか。

ストーリー

'25年、失業者あふれるドイツ。ユダヤ人の大工場主ブルームの脱税を発見し、クビになったと語るブラッツァー(アルノ・パウルセン)は、新聞の求人広告に応募するが、その相手のガブラー(ハンス・クリスチャン・ブレッヒ)は、就職の際の保証金詐欺をたくらんでおり、彼はガブラーに殺されてしまう。やがてブラッツァーの家族から捜索願いが出され、ガブラーが彼の自転車を友人に売っていたこと、また彼の小切手帳を持っていたことにより、逮捕される。警察はガブラーの言い逃れの中で、ブルーム商会の脱税を知り、ユダヤ人弾圧のために社長のブルーム(クルト・エアハルト)をこの事件の殺人犯人にデッチあげる。確かな証拠もないまま裁判にかけられたブルームは、そのまま罪に問われるが、ガブラーの婚約者クリスティーナ(ギーゼラ・ドローヴェ)の証言で真実が明らかにされるのだった。...

作品データ

原題 Affaire Blum
製作年 1948年
製作国 東ドイツ
配給 独立映画センター

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi