私の20世紀
ホーム > 作品情報 > 映画「私の20世紀」
メニュー

私の20世紀

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

双子の数奇な運命を軸に、光と影をモチーフに20世紀へオマージュを捧げるファンタスティック映画。製作はノルベルト・フリオドラオデル、監督・脚本は本作品が長篇第一作になるイルディコ・エニエデイ、撮影はティボォール・マテ、音楽はラースロー・ヴィドッキーが担当。出演はドロサ・セグダ、オレーグ・ヤンコフスキーほか。89年カンヌ映画祭新人監督賞受賞。

ストーリー

1880年、ブタペスト。母(ドロサ・セグダ)に死なれ雪の降る公園で、毛布にうづくまる小さな双子の姉妹ドラとリリは、通りがかった2人の紳士に別々にもらわれていった。それから20年後、その美貌で男をたぶらかす女詐欺師になっていたドラ(D・セグダ=二役)と、活動家にもらわれテロリストになっていたリリ(D・セグダ=三役)は、偶然に大晦日のオリエント急行に乗りあわせるが、その時2人はすれ違ってしまう。一方、以前からリリを愛していた謎の男Z(オレーグ・ヤンコフスキー)は、旅の客船でドラに目を奪われ、ふたりは一夜を共にした。それはリリとドラを結びつけるきっかけとなり、国会議事堂を爆破することに使命を感じるリリは、ある夜Zと再会し、彼に荒々しく抱かれてしまう。2人が別人であることを知らないZは、やがて再会したリリとドラの誘惑の罠におちてゆくのだった。...

作品データ

原題 My 20th Century
製作年 1989年
製作国 ハンガリー・西ドイツ合作
配給 俳優座シネマテン

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第42回 カンヌ国際映画祭(1989年)

受賞
カメラドール
カメラドール イルディゴ・エンエディ
出品
ある視点部門
出品作品 イルディゴ・エンエディ

他のユーザーは「私の20世紀」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi