別れのスキャット
ホーム > 作品情報 > 映画「別れのスキャット」
メニュー

別れのスキャット

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

輝く太陽の下でめぐり逢い、やがて過ぎ去っていった恋に傷ついた青年の姿。製作は「さらば夏の日」のフランシス・コーヌ、監督は新人イヴ・ボワッセ。ジョルジョ・シェルバネンコの原作をアントワーヌ・ブロンダン、イヴ・ボワッセ、フランシス・コーヌが共同脚色。撮影は「さらば夏の日」のジャン・マルク・リペール、音楽は「バーバレラ」のミシェル・マーニュがそれぞれ担当。出演は「さらば夏の日」のルノー・ベルレー、「脱走特急」のラファエラ・カッラ、「ポーラの涙」のブリュノ・クレメール、ほかにマリオ・アドルフ、イタリアの新星マリアンヌ・コムテルなど。

ストーリー

ミラノ郊外の豪壮な邸宅を、どこか翳りをおびた中年男ルカ(B・クレメール)が訪ねて来た。彼は、一年以上も他人と口をきこうとしないこの家の息子ダビッド(R・ベルレー)の、心の病を治療するために呼ばれたのだった。ルカはダビッドに、自分の過去の傷を語ったりして、次第に心をうち解けさす方向にもっていった。ようやくダビッドが口を開いた。もう一年ぐらい前のこと、昼下りのミラノの街で会った、褐色の髪のオレンジ色のミニ・ドレスの娘(R・カッラ)をダビッドは車から誘った。やがて二人は、昔からの恋人のように打ちとけあい、草原で名も知らぬまま、愛を確かめあった。しかし、その帰路、二人の跡を一台の車がつけて来た。ハンドルをにぎる長い金髪の男(M・アドルフ)を見て、娘は顔色を変え、ダビッドの車から飛び出し、姿をくらましてしまった。数日後、彼はあの時の娘が自殺し、そしてアルベルタという名であったことを知った。ダビッドの心の苦しみを理解したルカは、アルベルタの残していった、彼女の屈辱にみちた全裸写真を手がかりに、彼女の死の謎の中に入っていった。ルカはダビッドをつれ、まずアルベルタの住んでいた、貧しげなアパートを訪ね、彼女が金に困ってヌード・モデルになったことを知った。次に二人は彼女の親友のリビア(M・コムテル)に会い、金髪を長く伸ばした男が、アルベルタを強引にモデルに誘っていた、という話を聞いた。ルカはオトリを使うことを思いたった。この危険な役をひきうけてくれたのは、リビアだった。男を捜すことに疲れたダビッドは、一夜リビアと共に、深酒に酔いしれ、ルカを怒らせたが、その夜、長い金髪の男が罠にかかった。リビアを先にその男の家に行かせ、彼女がアルベルタと同じ屈辱を受け、悲鳴をあげた時、ルカとダビットが扉を破り、部屋に突入した。男は車で逃げ、ダビッドはその後を追った。ハイウェイを、凄絶なスピードで走りぬける二台の車。やがて男の車が、ガードレールに激突、崖下に転落して行った。心配してかけつけて来たルカとリビアの前で、ダビッドのさわやかな笑顔がよみがえった。...

作品データ

原題 Cran D'Arret
製作年 1969年
製作国 フランス
配給 東和

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「別れのスキャット」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi