わが友イワン・ラプシン
ホーム > 作品情報 > 映画「わが友イワン・ラプシン」
メニュー

わが友イワン・ラプシン

解説

30年代半ばのソビエトの地方都市を舞台に、作者の父たちの姿を語り手の子供時代の回想を通して描く刑事ドラマ。監督は「道中の点検」アレクセイ・ゲルマン、脚本はエドゥアルド・ヴォロダルスキー、撮影はワレーリー・フェドーソフが担当。出演はアンドレイ・ボルトネフほか。

ストーリー

30年代半ばのロシア、当時まだ小学生だった作者は、貧しい地方都市ウンチャンスクのアパートに刑事の父(アレクサンドル・フィリッペンコ)と同僚のイワン・ラプシン(アンドレイ・ボルトネフ)、アコーシキン(アレクセイ・ジャルコフ)の四人で住んでいた。その頃町では、死刑判決をうけた脱獄囚ソロビヨフが度々殺人事件を引き起こしており、ラプシンたちは彼を捕らえようと必死だった。ある時ラプシンは、役作りのため売春婦に会いたいという女優ナターシャ(ニーナ・ルスラーノワ)と出会い、やがて彼女に魅かれるようになるが、ナターシャが愛していたのは、ラプシンの友人で、つい最近妻を亡くしたばかりのジャーナリスト、ハーニン(アンドレイ・ミローノフ)だった。ところが彼は、ソロビヨフ逮捕の現場に同行した際、犯人と渡り合い重傷を負ってしまう。それから数ヶ月、傷の癒えたハーニンはモスクワへ旅立ち、ナターシャの思いは断たれた。そしてあのアパートでも、結婚生活に破れ戻ってきたアコーシキンたち四人の生活は、依然として変わることなく続いてゆくのである。...

作品データ

原題 Moi Drug Ivan Lapsin
製作年 1984年
製作国 ソ連
上映時間 100分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.0 3.0 (全1件)
  • ジャ・ジャンクーを思わせる。 この映像、ジャ・ジャンクーを思わせる。荒廃した都市、汚れきった生活の場。温かみというものを絶望している人々。 うん、ジャ・ジャンクーと同じだ。 ...続きを読む

    よしただ よしたださん  2015年8月9日  評価:1.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi