ワーグナーとコジマ
ホーム > 作品情報 > 映画「ワーグナーとコジマ」
メニュー

ワーグナーとコジマ

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

19世紀の偉大な作曲家リヒャルト・ワーグナーとコジマの愛を描く。製作はルネ・レツギュス、ディートリヒ・マック、監督はペーター・パザック、脚本はラインハルト・バウムガルト、撮影はアントン・ペシュケ、音楽はペーター・ツヴェトコフ、編集はミシュー・フッターが担当。出演はオットー・ザンダー、ターチャ・サイブトほか。

ストーリー

19世紀、スイス--。ルツェルン湖畔の屋敷。リヒャルト・ワグナー(オットー・ザンダー)55歳。彼はすでに「ニーベルンクの指環」等で世に名を轟かせていた。コジマ・フォン・ビューロー(ターチャ・サイブト)31歳。ドイツ音楽界でゆるぎない地位にいるハンス・フォン・ビューローの夫人で、やはり天才音楽家であるフランツ・リストの娘であった。この2人が、屋敷で会っていた。コジマは、夫と別れて、ワーグナーのエゴイズムや狂気を受け入れ、天才に服従することを決意していた。数年後、2人のもとに若い哲学者・ニーチェ(クリストフ・ヴァルツ)が訪れる。彼は24歳だが、ワーグナーと交流を深めるうちに、コジマに恋心を抱き始める。同じころ、妻に去られたビューロー(ペーター・マチック)も彼らの屋敷を訪れるが、自分の敗北を知りワーグナーに夫の座を譲り姿を消す。しかし、ワーグナーは、若く美しいユディス・ゴーチェ夫人(フェビエンヌ・バーブ)とバイロイトで知り合い、2人の間はバイロイト中に広まる。精神的に耐えるコジマ。さらにワーグナーは「パルジファル」の主演女優キャリー・ブリンゲル(カルメン・フュジス)とも恋におちるが、ワーグナーの死期は意外に早くやってきた。ワーグナー69歳で生涯の幕を閉じ、コジマの時代がくるのだった。...

作品データ

原題 Richard & Cosima
製作年 1986年
製作国 西ドイツ・フランス合作
配給 俳優座シネマテン

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「ワーグナーとコジマ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi