ロザリー・ゴーズ・ショッピング
ホーム > 作品情報 > 映画「ロザリー・ゴーズ・ショッピング」
メニュー

ロザリー・ゴーズ・ショッピング

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ローンに追われるある主婦の姿を描くコメディ。製作・監督・脚本は「バグダッド・カフェ」のパーシー・アドロン、共同製作はエレオノラ・アドロン、共同脚本はE・アドロンとクリストファー・ドハーティー、撮影はベルント・ハインル、音楽はボブ・テルソンが担当。主演はマリアンネ・ゼーゲブレヒト、ブラッド・デイヴィスほか。

ストーリー

ロザリー(マリアンネ・ゼーゲブレヒト)はアーカンソー州スタットガードに、夫のレイ(ブラッド・デイヴィス)と7人の子供と暮らしている。複葉機でライス・フィールドに農薬を散布することが仕事のレイとは、彼が昔ロザリーの故郷ドイツのバイエルン北部バート・テルツに駐在していた頃、出会い、恋におちたのだった。彼女は浪費癖のある家族に囲まれて、一見やりくり上手に見えた。しかしロザリー自身、物質的欲望をコントロールできない張本人だった。37枚のクレジット・カードを使って法の網スレスレの生活を送っている彼女の心の慰めは、教会での神父(ジャッジ・ラインホルド)へのざんげだった。純真なクリスチャンである彼女は、告白することで自分の罪が浄化されると思い込んでいる。そんなロザリーの生活に、ある日パソコンが加わった。そして彼女は、町を再開発しようと計画している製鉄所のパソコン・ネットワークに割り込んで大量の金を横領し、町を救ったと思い込むのだった。...

スタッフ

監督
脚本
パーシー・アドロン
エレオノラ・アドロン
クリストファー・ドハティ
製作
パーシー・アドロン
エレオノラ・アドロン
撮影
ベルント・ハインル
音楽
ボブ・テルソン
編集
Heiko Hindkers
字幕
戸田奈津子

作品データ

原題 Rosalie Goes Shopping
製作年 1989年
製作国 西ドイツ
配給 KUZUIエンタープライズ

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第42回 カンヌ国際映画祭(1989年)

出品
コンペティション部門
出品作品 パーシー・アドロン

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi