ローマで夜だった
ホーム > 作品情報 > 映画「ローマで夜だった」
メニュー

ローマで夜だった

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「ロベレ将軍」につぐロベルト・ロッセリーニ監督作。セルジオ・アミディの原案をアミディ自身とディエゴ・ファブリ、ブルネロ・ロンディ、ロベルト・ロッセリーニが共同で脚色。撮影担当は「ロベレ将軍」のカルロ・カルリーニである。音楽を受けもったのはレンツォ・ロッセリーニ。出演するのは「ロベレ将軍」のジョヴァンナ・ラリ、英国俳優レオ・ゲン、「人間の運命」のソ連俳優セルゲイ・ボンダルチュク、「ロベレ将軍」のハンネス・メッセマー、「若者のすべて」のレナート・サルヴァトーリなどの国際的俳優陣。製作フランコ・マグリ。

ストーリー

第二次大戦下の一九四三年、修道尼に変装して闇商売をやっているローマ娘エスペリア(ジョヴァンナ・ラリ)は買出しの途中、収容所を脱出した連合国側の三人の捕虜--英陸軍少佐ペンバートン(レオ・ゲン)、米空軍中尉チャールス(ピーター・ボールドウィン)、ソ連戦車隊軍曹イヴァン(セルゲイ・ボンダルチュク)と会い、窮状を見かねて自分の家の屋根裏部屋に隠した。数週間後の九月十日、ローマはナチに占領された。そしてある晩、抵抗運動をしていたエスペリアの婚約者レナート(レナート・サルヴァトーリ)らの秘密の爆弾工場が手入れを受け、彼とエスペリアは捕えられ、イヴァンが射殺された。屋根裏部屋に潜むペンバートンとチャールスは屋根づたいに逃れ、運よく隣りの貴族の息子アウグストの屋敷にかくまわれた。しかしここにもドイツの秘密警察の手がのび、二人は近くの修道院にもぐり込んだ。レナート銃殺の報が伝わってきた。年が明けその一月、連合軍はローマの南方アンツィオに上陸。チャールスは連合軍に合流するためペンバートンをおいて修道院を出た。一方、エスペリアは釈放されたが、家財はナチの家宅捜索で破壊され、彼女の心にも深い苦悩がしみこんでいた。エスペリアの釈放を知ったペンバートンは修道院長を通じて教会で彼女と会った。その途中、エスペリアはレナートの友人だったビッコの男に尾行されていることに気づき、そのことをペンバートンに告げた。その夜、ビッコの案内でファシストたちが修道院を襲撃、修道士まで逮補した。ペンバートンは屋根づたいに再びエスペリアの家に逃げた。二人はビッコが密告者であることを知った。事件後、ビッコがエスペリアを訪れ、一緒に北イタリアへ逃げようと誘った。ドアの陰にひそんでいたペンバートンは二人の前に躍り出て憎むべき密告者に復讐した。六月四日、ついに連合車がローマに入城した。ペンバートンは直ちに友軍に合流しなければならない。エスペリアは一人残された。彼女にとって永久に明けることのない夜の中に--。...

作品データ

原題 Era Notte a Roma
製作年 1960年
製作国 イタリア
配給 イタリフィルム

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「ローマで夜だった」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi