ロード・ジム
ホーム > 作品情報 > 映画「ロード・ジム」
メニュー

ロード・ジム

劇場公開日

解説

ジョセフ・コンラッドの小説を、「渇いた太陽」のリチャード・ブルックスが脚色・監督した人間ドラマ。撮影は「アラビアのロレンス」のフレディ・ヤング、音楽は「戦艦バウンティ」のブロニスロウ・ケイパーが担当した。出演は「アラビアのロレンス」のピーター・オトゥール、「ジンギス・カン」のジェームズ・メイスン、「スエーデンの城」のクルト・ユルゲンス、「青い波紋」のダリア・ラビ、「北京の55日」のポール・ルーカス、「日曜日には鼠を殺せ」のクリスチャン・マルカンのほかに日本から伊丹一三、斎藤達雄など。

ストーリー

ジム( ピーター・オトゥール) は誰にでも愛される、任務に忠実な男だった。生まれながらに指導者としての資質に恵まれていた。あるとき、ジムは骨折で船をおり回復して貨客船パトナ号の高級船員として契約した。聖地巡礼に向かうマラヤ人を乗せて航海の途中、嵐にあい、船長の呼ぶ声にひかれるように乗客を見捨ててボートに逃れた。海難審判所はジムの船員としての資格を剥奪、彼は文明社会から放逐された。ジムは東南アジアの港を労務者として渡り歩いた。やがて、交易所を営むスタイン( ポール・ルーカス) に見こまれ、可愛がられた。ある日、ジムはパトサンの村へと銃と火薬を運んで川を上った。その奥地にある錫鉱山は「将軍」と呼ばれる男に牛耳られ、村人は奴隷のように酷使されていた。武器は村人が「将軍」と戦うためのものだったが、村長( サイトウ )、その息子(イタミ)らはその倒す術に暗かった。武器を「将軍」に奪われそうになり、ジム自身も拷問にかけられたことから、彼は村人を助けることにした。独特の戦法を考え出し、作戦は成功、「将軍」を倒した。ジムはこのことで再び信用を得、ともに死をのりこえてきた混血の娘(ダリア・ラビ)との間に愛が生まれた。その頃、戦いにまぎれて港町へ逃げた酔いどれのコーネリアスは、ショーンバーグや海賊のブラウンと村に隠されてある財宝を奪おうとした。祭の夜、彼らは邪魔なジムを殺そうとして村長の息子を殺した。ジムは彼らを皆殺しにしたが、友の亡骸を抱く彼の心に、すべてお前の責任だという声があった。一度犯した罪を償うことの難しさを心底思いしらされた。葬式の朝、ジムは自分の銃を村長に渡した。銃声が鳴ったとき、ジムは異国の地に初めて安らぎを得たのである。...

作品データ

原題 Lord Jim
製作年 1965年
製作国 アメリカ
配給 コロムビア

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

ロード・ジム[DVD] レミーのおいしいレストラン MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] トロイ ディレクターズ・カット[Blu-ray/ブルーレイ] クリエイター[Blu-ray/ブルーレイ]
ロード・ジム[DVD] レミーのおいしいレストラン MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] トロイ ディレクターズ・カット[Blu-ray/ブルーレイ] クリエイター[Blu-ray/ブルーレイ]
発売日:2016年11月2日 最安価格: ¥1,000 発売日:2016年11月22日 最安価格: ¥3,240 発売日:2010年4月21日 最安価格: ¥1,091 発売日:2014年12月2日 最安価格: ¥2,336
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi