ローズマリー(1981)
ホーム > 作品情報 > 映画「ローズマリー(1981)」
メニュー

ローズマリー(1981)

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

プロムの夜に起きた無差別殺人を描くスリラー。製作はジョセフ・ジトーとデイヴィッド・ストレイト。監督は75年にB級スリラーAbduction(日本では76年に「誘拐!暴行!銃撃!/新聞王謎の令嬢パトリシア」と題してTV放映)を撮ったジョセフ・ジトー。脚本はグレン・レオポルド、ニール・バーベラ、撮影はラウル・ロマス、音楽はリチャード・エインホーンが担当。特殊メイクアップを「マニアック」のトム・サヴィーニが手掛けている。出演はヴィッキー・ドーソン、クリストファー・ゴートマン、ファーリー・グレンジャーなど。本国でのタイトルはThe Prowler。日本版字幕は岡枝慎ニ。カラー、スタンダード。1981年作品。

ストーリー

恋人ローズマリーから別れの手紙をもらったある兵士。45年、ヨーロッパから兵士たちが続々と妻、恋人、家族のもとへもどって来た。同年6月28日、ニュージャージー州アヴァロン・ベイのプリッチャー学院では、卒業生のプロムが開かれていた。ローズマリーとその新しい恋人ロイがプロムをぬけ出して、河畔の東屋で接吻をしているところを、軍服をきた何者かにピッチフォークを突き刺されて死亡。血だまりに殺人犯は薔薇の花を置く。それから35年たった80年6月28日、再びプロムが開かれようとしていた。女子学生のパム(ヴィッキー・ドーソン)は、何となく不安にかられていた。彼女の恋人は副保安官マーク(クリストファー・ゴートマン)だが、保安官のジョージ・フレーザー(ファーリー・グレンジャー)が休暇を取るので、今夜は大変だ。おまけにコロンバスで凶悪殺人事件が発生し、犯人が逃走中だという。寄宿舎ではシェリーがシャワーを浴びていた。ステディのカールが現われ、一緒に浴びようと服を脱いでいると、軍服の男が後から彼の脳天に銃剣をつき刺す。ついで、シェリーがピッチフォークでつき刺され、バスタブは血の海に。シェリーの死体に薔薇を置く犯人。ドレスにパンチがひっかかったバムは寄宿舎へもどって着換え、階段の所で犯人をみて逃げ出す。途中でチャザム少佐に服をつかまれた。やっと振りきったパムは、マークにすべてを話す。彼はプロム会場に行き、みんなを足止めする。だが、その前に会場を出てプールで泳いでいたリサは腹をめったざしにされ、リサを探しに来た ミス・アリンンは首の真ん中を突き刺された。雑貨店主キングズレーの通報で墓地を見に行ったマークとバムは、ローズマリーの墓が暴かれていることを発見。柩の中にリサの死体があった。二人はチャザム邸に忍び込み、ローズマリーがチャザムの娘で彼女がローズと呼ばれていたことを知る。突然、ヒューズが切れた。マークが殴り倒され、殺人鬼がバムに迫る、「待っていろよ、ローズマリー」と言いながら。2階に逃げ込んだ彼女を追う殺人鬼。2人は格闘し、殺人鬼のマスクがとれた。なんと彼の正体は保安官だった。危ういところを、キングズレーの使用人オットーに救われた。しかし、保安官は油断していたオットーを殺して、再びパムに襲いかかる。もみあいの末、パムが保安官の頭部を射ち、頭がとびちった。寄宿舎にもどったパムはシェリーとカールの死体を見つけた。カールが彼女の手をつかむ。やっとふりほどいた彼女が、よく見るとカールの死体はうなだれたまま。あれは幻想だったのか...

作品データ

原題 Rosemary's Killer (The Prowler)
製作年 1981年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「ローズマリー(1981)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi