恋愛小説ができるまで
ホーム > 作品情報 > 映画「恋愛小説ができるまで」
メニュー

恋愛小説ができるまで

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

画像1

解説

恋愛小説を書くために恋を仕組んだ男が、やがて本当に恋に落ちる姿を描いたラヴ・ストーリー。監督はこれがデビュー作となるクリスチャン・ヴァンサン、製作はアラン・ロッカ、脚本はヴァンサンとジャン・ピエール・ロンサンの共同、撮影はロマン・ヴァンダン、音楽はジェイ・ゴットリーブが担当。

ストーリー

パリのサンジェルマン。恋人に振られたばかりのアントワーヌ(ファブリス・ルキーニ)は、友人の書店主ジャン(モーリス・ガレル)からとんでもない仕事を依頼される。新しい恋人を探し、恋の一部始終を記録したものを恋愛小説として発表しろと言うのだ。引き受けたアントワーヌはまずタイピスト募集の広告を出し、応募してきた語学学校師教カトリーヌ(ジュディット・アンリ)をターゲットにする。しかしあまり乗り気でないアントワーヌは、ジャンに恋の筋立てを書いてもらい、それを実行していくことにする。わざと怒らせるよう仕向けてから花束を贈って許しを乞うたり、忍耐力を試すために待たせたり、かけ引きの末、カトリーヌをデートに誘うことに成功する。しかしカトリーヌから、以前遊びで不倫していた相手を捨てた、という彼女の話を聞いてアントワーヌは唖然とする。慎み深い女だと思っていたのに、彼女はひとりの男では満足できないというのだ。しかしそんな彼女にアントワーヌは本気で恋をしてしまう。アントワーヌから、小説を書き続けることができなくなったという手紙を受け取ったジャンは烈火の如く怒る。そしてこれまでアントワーヌが書きためた原稿を田舎に帰ろうとしているカトリーヌに渡してしまう。列車の中でそれを読んだ彼女から、アントワーヌに別れの手紙が届いた。アントワーヌは、また新しい小説を書き始める。...

作品データ

原題 La Discrete
製作年 1990年
製作国 フランス
配給 シネマドゥシネマ=ヘラルド・エース=日本ヘラルド
上映時間 95分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「恋愛小説ができるまで」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi