恋愛小説(1993)
ホーム > 作品情報 > 映画「恋愛小説(1993)」
メニュー

恋愛小説(1993)

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

画像1

解説

おとなしい妻であったタイピストがひとりの男と恋に落ちたことから周りの人間たちの運命を死に追いやっていくラブ・サスペンス。監督は『棺台』『愛』のロシア人ヴァレリー・トドロフスキー。本作品はロシア作家ニコライ・レスコフの古典を元にしている。製作はマルク・ラスカル、イーゴリ・トルストノフ。脚本は、アーラ・クリニーツィナ、撮影はセルゲイ・コズロフ、編集はエレン・ガガーリン、アーラ・ストレリニコワ、音楽はレオニード・デシャトニコフが担当している。主演は「令嬢ターニャ」『太陽に灼かれて』のインゲボルガ・ダプコウナイテで、舞台でも活躍中である。その他出演者は、ロシアの人気俳優で『節の愛』『リミタ』のウラジミール・マシコーフ、同じくロシアを代表する女優で「ストーカー」「ロマノフ王朝の最期」のアリーサ・フレインドリフなど。

ストーリー

モスクワ、1992年。カチア(インゲボルガ・ダプコナイテ)は32歳になるタイピストで著名な作家である義母イリナ・ドミトリエバ(アリーサ・フレインドリフ)の書く小説原稿を打つという単調な日々を送っていた。夫のミチア(アレクサンドル・フェクリストフ)も母親の言いなりで冴えない男であった。ある夏、例年のように3人は別荘を訪れ、カチアはイリナの次回作をタイプでうち始めたが、それはヒロインが悲劇的な終わりを告げるラブ・ロマンスであった。その別荘には、管理を任されているセルゲイ(ウラジミール・マシーコフ)が家具の修理のために毎日訪ねてきていた。カチアは夫と義母が留守のある晩、セルゲイの誘惑に身を委ねてしまう。次第にセルゲイに魅かれ初め、その官能的で狂おしい恋はカチアのこれまでの生活を狂わせ始めた。そしてある時、ついに2人が愛し合う場面をイリナに目撃され、口論になるが、突然イリナは心臓発作で倒れ、カチアが故意に薬を飲ませるのを遅らせたため息途絶えてしまう。今や遺作となった恋愛小説をカチアとセルゲイは自分たちで幸福な結末に書き換える。やがて2人の関係は夫のミチアにもばれてしまい激しい口論の末、セルゲイはミチアを殺してしまう。2人はミチアを庭に埋め、ついに2人だけの生活を営めるようになる。しかし、セルゲイはカチアから次第に逃げ出すことを考え始め、他の女のもとに逃げてしまう。カチアはそれを知り、予審判事ロマーノフ(ユーリイ・クズネトフ)のもとにすべてを告白しにいくが罪を与えられる以上に苦しいものである、自由を与えられることになる。そして彼女は最後、セルゲイの女とともに車に乗り込み、橋を暴走し、そのまま河の中に沈んでいった。...

作品データ

原題 Katia Ismailova
製作年 1993年
製作国 ロシア・フランス合作
配給 シネカノン

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「恋愛小説(1993)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi