レッド・バイオリンのレビュー・感想・評価

レッド・バイオリン

劇場公開日 1999年5月22日
3件を表示 映画レビューを書く

まだ旅は終わらない ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

正直、自分は音楽に全くと言っていいほど詳しくありません。

しかし、この作品で描かれているバイオリン職人の込めた文字通り「魂」が、数百年に渡って人々を魅了していく壮大な「旅」には大変感動しました。
ほんま「魔性の女」やでぇ…

もう満点に近いんですが、欲を言うと、映画の始まりをバイオリンが生まれる時点から描いているのであれば、映画のラストは例えばバイオリンが何かしらの形で破壊される、もしくは永遠にどこかへ保存される等、「旅」の終わりで締めくくって欲しかった。
例えば車に轢かれて無残に壊れたバイオリンを見ながらサミュエルが自分でもよくわかんないぐらい泣き崩れるとかね。

そうすれば、ある種の悲劇性も出て、映画としてもっと上手くまとまっていたんじゃないかなと思います。
まあ、あくまで個人的にそういう終わり方が好きってだけなので、例えは気にしないでください(笑)
おそらく「まだまだこれからもバイオリンの旅は続くよ」という意味でああいうラストにしたんでしょうね。別に嫌いではないです。

それにしてもウィーン編の子役可愛すぎ。それだけにあの結末は本当に後味悪いですね〜
も〜何なんだよ…

そういえば、この作品を観てふと思ったんですが、何百年も前からある歴史的遺産、例えば骨董品でも何でも、それがどこかで生まれ全く別の場所で現存しているって事は、そこに至るまでに少なくとも何かしらのドラマはあるはずですよね。

それなのに意外とこういう映画ってあんまり無い気がします。あっても数えるぐらいで。

何世代にも渡って繰り広げられるような話は大好きなので、もっとこういったプロットの作品を作って欲しいものです。
物語作りやすいと思うんだけどなー。

ゼリグ
ゼリグさん / 2014年12月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

バイオリンの虜

単純に、楽しめました。
ひとつの楽器にこれほどの歴史がつまっていると思うとロマンを感じます。自分自身、音楽を奏でる側に少しでもいたことがあったので、とても感動しました。タロットカードをモチーフに4つの時代を行き来する構成も物語の壮大さを感じられて面白い。

でもなんといっても素晴らしいのは劇中の音楽です。もっと演奏して!と思ったのはこの映画が初めて。恥ずかしながらジョシュアベルの名は知りませんでしたが、バイオリンを主人公にするに値する素晴らしい演奏です。

妖しさをちらつかせたり、演奏者を食うような音で鳴いたり。バイオリンという楽器は間違いなく女を象った物なのだと、確信できる映画でした。

追記:2014年11月現在、DVD版が発売しているようです。レンタルで見れますよ!正直なぜ今までVHSしかなかったのか不思議。ぜひ一見あれ。

かゆ鏡
かゆ鏡さん / 2014年11月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

機会があったら見逃すな

この映画の問題はラストだけ。
その点を除けば、終始一貫壮大かつ美しい大作です。
情報にDVD/BRとしましたが実際はVHSです。それだけ古くレアな扱いだということです。
特に、わずかでもクラシック音楽に携わったことがある方でしたら、間違いなく刺さります。
機会があったら決して見逃してはいけない。

ともきち
ともきちさん / 2014年10月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  楽しい 怖い 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi