レイチェル・ペーパー
ホーム > 作品情報 > 映画「レイチェル・ペーパー」
メニュー

レイチェル・ペーパー

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ロンドンを舞台に、大人への入り口で青年が経験する女性への憧れと幻滅を描くラブ・ストーリー。エグゼクティヴ・プロデューサーはエリック・フェルナー、製作はアンドリュー・カーシュ、監督・脚本は本作がデビューのダミアン・ハリス、撮影はアレックス・トムソンが担当。出演はデクスター・フレッチャー、ジェームズ・スペイダーほか。

ストーリー

20才を目前にした悩み多き若者チャールズ・ハイウェイ(デクスター・フレッチャー)はある夜ナイトクラブで出会った“夢の女性”レイチェル(アイオン・スカイ)のハートを射止めるべく必死の作戦を展開する。レイチェルには既にデフォレスト(ジェームズ・スペイダー)という恋人がいたが、チャールズはお構いなし。レイチェルを父親の結婚25周年パーティに招待し、二人きりになるチャンスをうかがうが、そこへデフォレストが現われ、レイチェルを連れ去ってしまう。チャールズは絶望の淵に沈むが、義兄ノーマン(ジョナサン・プライス)の助けもあって、ついにレイチェルと結ばれる。二人は同棲を始めるが、チャールズはレイチェルがだんだん普通の女の子に見えてくる。今まで気づかなかったアラも目につきだし、彼女とのセックスも以前ほど興奮を感じなくなった。二人にとって同棲はもう意味をなさなくなっていた。そしてレイチェルは家に帰っていくが、その日チャールズはついに他の女の子をひき入れてしまう。そのことをレイチェルに知られ、二人の間は決裂する。数カ月後二人は以前デートをした美術館で偶然出会うが、ただあいさつをかわすだけだった。二人はすでに新しい生活を歩み始めていた。...

作品データ

原題 The Rachel Papers
製作年 1989年
製作国 イギリス
配給 松竹富士

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi