令嬢ジュリー
ホーム > 作品情報 > 映画「令嬢ジュリー」
メニュー

令嬢ジュリー

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

アウグスト・ストリンドベルイの同名の著名な一幕戯曲より、スウェーデン王室演劇場出身のアルフ・シェーベルイが脚色・監督した一九五一年度作品で、同年カンヌ国際映画祭においてグラン・プリを獲得した。撮影はイエラン・ストリンドベルイ(原作者と親戚)、音楽はダグ・ヴィレーンの担当。主演はすべて王室演劇場出身のアニタ・ビョルク、ウルフ・パルメ、アンデルス・ヘンリクソン(彼は監督者でもある)。以下、メルタ・ドルフ、リッシ・アーランド、子役のインゲル・ノウルベルイ、ヤン・ハーゲルマンらが助演。

ストーリー

夏至祭の宵、豪農の納屋の中では女中や農夫が、白夜の一刻を踊り狂っていた。父伯爵カウント(A・ベンリクソン)が近所の農家を訪問した留守、娘のジュリイ(A・ビヨルク)は楽の音に誘われてダンスに出かけ、下男のジャン(U・パルメ)と踊った。しかし彼の厚かましい態度を怒ったジュリイは彼を置去りにして去ったが、やがて台所で許婚のクリスチン(M・ドルフ)と語らうジャンをみると、ジュリイは挑発的な態度で彼をからかわずにはいられなかった。生来卑しい農夫にすぎなかったジャンは少年の頃からどんなにジェリイを想いつづけて来たことかと、彼女を口説きはじめ、ついにジュリイはその夜ジャンに身を任せた。彼女は、不幸な少女時代のこと、自分を神経質な女に育ててしまった暗い家庭生活をジャンに打明けた。彼は、二人でイタリアに逃げ、新生活を打たてようと誇らしげに彼女をはげますが、聞くほどにジュリイは、男のいい加減な妄想と二人の食い違いを思い知らされるのであった。夜明けと共に父は帰宅しジャンは再び卑屈な召使いに戻った。今は一夜の悪夢もさめ果てたジュリイは、彼女の誇りを全うする唯一の手段--自殺をえらばなければならなかった。...

作品データ

原題 Froken Julie
製作年 1951年
製作国 スウェーデン
配給 北欧映画=欧米映画

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「令嬢ジュリー」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi