ル・バル(1983)
ホーム > 作品情報 > 映画「ル・バル(1983)」
メニュー

ル・バル(1983)

劇場公開日

解説

パリ下町のボウル・ルーム(ダンスホール)を舞台に47曲の音楽とダンスで第2次大戦前より現代に至る時代の移り変わりを描く。製作はジョルジョ・シルヴァーニ、監督は「パッション・ダモーレ」のエットーレ・スコラ。脚本はルッジェーロ・マッカリ、ジャン・クロード・パンシュナ、フリオ・スカルペッリ、E・スコラ、撮影はリカルド・アロノヴィッチ、音楽はウラジミール・コスマ、編集はライモンド・クロチアーニが担当。出演はジュヌヴィエーヴ・レイ・パンシュナ、マルティーヌ・ショーヴァン、アニタ・ピッキアリーニ、リリアーヌ・デルヴァル、レイモンド・ウドゥリーヌなど。

ストーリー

1983年。現代調と30年代風のアール・デコ調のインテリアが施されたパリのボウル・ルーム(ダンスホール)。静かなその室内に、やがて照明がともされ、着飾った様々な男女が入ってくる。今日は土曜日。彼らに言葉はいらない。無言の仕草と踊り。このボウル・ルームでは、こんな光景が、いつの時代にも展開されてきた。1936年、人民戦線が勢いをのしてきた頃。このボウル・ルームには、労働者やお針子たちがたむろしている。「望郷」のペペル・モコが、人々の間では語り草になっている。そんな様子は踊り手たちのコスチュームにも反映されている。戦争中の1940年。ユダヤ人のヴァイオリン弾きの女性とウェイターの淡い恋。占領下の42年。室内には『リリー・マルレーン』が流れる。'44年、解放。喜びにあふれる人々は踊る。そんな中で、片足を失った男と妻の踊るワルツが周囲の感動を誘う。'45年。アメリカ色が室内を占めている。『イン・ザ・ムード』にのる若者たち。アステアとロジャーズを気どるカップル。'50年代は『アンナ』をはじめとするラテン・リズムがパリで流行する。サブリナ・パンツやペティコートでふくらんだワンピースが目につく。やがて、グリースでキメた皮ジャン族のロックンロール・ブームがやってくる。リトル・リチャードの『トゥティ・フルッティ』やプラターズの『オンリー・ユー』に興ずる若者たち。'60年代に入り、自由と革命を求める若者たち。誰もが口ずさむビートルズのメロディ。そして、83年。ボウル・ルームの回想は終わる。再び日常の生活へ戻ってゆく人々。...

作品データ

原題 Le Bal
製作年 1983年
製作国 フランス・イタリア・アルジェリア合作
配給 ワーナー・ブラザース

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第56回 アカデミー賞(1984年)

ノミネート
外国語映画賞  

第34回 ベルリン国際映画祭(1984年)

ノミネート
銀熊賞(最優秀監督賞) エットレ・スコーラ

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
4.0 4.0 (全1件)
  • ただ踊り続ける ネタバレ! 全編セリフなし。登場人物がただ踊っているだけという映画。 舞台はパリの小汚いダンスホール。 1930年代から1980年代までの移り変わりを描く。 ボーイ・ミーツ・ガールというには歳を食ったオッサ... ...続きを読む

    小二郎 小二郎さん  2014年2月1日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ル・バル(1983)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi