類猿人ターザン(1932)
ホーム > 作品情報 > 映画「類猿人ターザン(1932)」
メニュー

類猿人ターザン(1932)

解説

エドガー・ライス・バロースの小説から「あけぼの」「トレイダ・ホーン(1931)」のシリル・ヒュームが脚色し、アイヴォー・ノヴェロが台詞執筆、「トレイダ・ホーン(1931)」のW・S・ヴァン・ダイクが監督した映画で出演者の顔ぶれは米水泳界の巨人ジョニー・ワイズミュラーをはじめ、「仮染の唇」のニール・ハミルトン、「摩天楼の悲劇」のモーリン・オサイヴァン、C・オーブリー・スミス、ドリス・ロイド等、カメラはのハロルド・ロッソン、「緑の処女地」のクライ・デ・ヴァンナと担当。

ストーリー

英人パーカーはアフリカで行商していたが彼はある野心を抱いていた。象は自ら死期を悟ると人間世界から隔離した秘密境に姿を隠すという話を聞いてその所在と探し求めていたそこには豊富に象牙がある筈であるからである。彼は友人のホルトに計り、いよいよこの秘密境を探検に出発のその前夜、都会の喧騒に厭きたパーカーの娘ジェーンは学校を素都合するや、父を慕って若い女の身空に海路はるばるやってきた。父のパーカーは大いに当惑したが娘の熱意に動かされて彼女も同行を許されることになった。一行は種々の困難や危険に遭遇した。端しなくも一原住民の生命の犠牲により秘密境の方向を知り行を急いだ。断崖絶壁の上こそ問題の場所なのである。また一行は樹間を跳び廻っている大猿の群の中に偉大なる体格の白人を発見した。彼はそこの森林を巣窟とする類人猿ターザンであった。ターザンは突如現れたジェーンを拐って逃げた。原住民がターザンの手からジェーンを取り戻した頃には既に二人は相慕う仲となっていた。パーカーの一行を保護する原住民等は獰猛なる原住民の襲撃を受け、パーカーを始めジェーンもホルトもゴリラの檻に投げ込まれたがターザンが象の群と共に彼らを襲い、パーカー父娘を救い出した。彼らがこの村落を出発して間もなくパーカーは不慮の災難で重傷をを負ったが更に屈せず他の者と行を共にしたが目的地を眼前に控えて遂に彼は死んでしまった。目的を完成した一行はこの土地を離れることになったがジェーンはホルトの勧告を斥け、ターザンと共にアフリカ奥地に愛の巣を営むことになった。...

作品データ

原題 Tarzan, The Ape Man
製作年 1932年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

DVD・ブルーレイ

類猿人ターザン[DVD] 類猿人ターザン[DVD] 密林の王者 ターザン[DVD] 【初回仕様】ターザン・フィルムズ コレクターズBOX[DVD]
類猿人ターザン[DVD] 類猿人ターザン[DVD] 密林の王者 ターザン[DVD] 【初回仕様】ターザン・フィルムズ コレクターズBOX[DVD]
発売日:2006年2月22日 最安価格: ¥298 発売日:2003年6月20日 最安価格: ¥2,646 発売日:2013年12月11日 最安価格: ¥1,664 発売日:2016年7月6日 最安価格: ¥2,694
Powered by 価格.com

他のユーザーは「類猿人ターザン(1932)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi