りんごゲーム
ホーム > 作品情報 > 映画「りんごゲーム」
メニュー

りんごゲーム

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

プラハのとある産婦人科を舞台に独身のプレイボーイ医師と助産婦の微妙な愛情を描く。製作はアントニーン・ワニェク、監督は「団地物語」(80)のヴェラ・ヒティロヴァ、原案・脚本はヴェラ・ヒティロヴァとクリスティーナ・フラホヴァ、撮影はフランチシェク・ヴルチェク、音楽はミロスラフ・コジーネク、セットデザイナーはウラジミール・ラブスキーが各々担当。出演はダグマー・ブラーホヴァー、イルジー・メンツェルなど。日本語版監修はヴラスタ・チハーコバと粕三平。

ストーリー

ブラハの小さな町にある産婦人科。若い医師ヨーン(イルジー・メンツェル)は、独身で何の束縛もない自由な恋愛を好んでいる。そして27歳の助産婦アナ(ダグマー・ブラーホヴァー)に惹かれていた。しかし、彼には時々逢いびきをしている人妻がいた。結婚したくないというヨーンは、アナとつき合いながらもその人妻とも交際を続けた。病院では、多くの妊婦が入院し赤ん坊を生んでゆくが、その様子を見て男女の関係もゲームのように受けとめるヨーンに、アナは冷やかな態度を示すようになる。そして、アナは妊娠し姿を消した。アナを忘れることのできないヨーンは、彼女を探しまわり、やっと郊外で暮らす彼女を見つけるが、アナは、彼を振りむくことなく自転車で立ち去るのだった。...

作品データ

原題 The Apple Game Hre a Jeblko
製作年 1976年
製作国 チェコスロバキア

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi