理由(1995)のレビュー・感想・評価

メニュー

理由(1995)

劇場公開日 1995年7月1日
11件を表示 映画レビューを書く

同じどんでん返しなら、真実の行方をお勧めします。

途中で監督が変わったのかと思うほど、前半と後半に分かれている。
前半で裁判があっけなく終了したので、これはまだ何かあるなあと期待したけど、
後半の失速ぶりが残念すぎて、低評価。
いきなりチープなアクションサスペンス映画になる(笑)。
同じどんでん返しなら、真実の行方をお勧めします。

2013/10頃

うえあおい
うえあおいさん / 2016年8月8日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

コネリーが好きなら

ショーン・コネリーが好きなら見て損なし!
ジェームズ・ボンド時代より渋くてダンディーにきまってる!

柴左近
柴左近さん / 2015年10月22日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ショーンコネリーが制作総指揮とって、主演の本格サスペンスなんかな?...

ショーンコネリーが制作総指揮とって、主演の本格サスペンスなんかな?
個人的に面白かったな〜
エドハリスかっこいいな〜、殺人鬼のキチガイって俳優冥利ですよね〜。使い方あってるのかな笑

普通に、脚本も合格です。上からですみません。

それにしても、奥さんは嫌いです。好きになれん。なんか、胸糞悪い。

時代のせいにはしちゃダメだし、過去に責任は取れないのは臆病者のすることでしょう。なんの話をしてるんでしょうか。よく分かりません。

結論。
面白かったです。結末も、好きな形ではあります。凄惨な事件です。フィクションですけど、ノンフィクションですよね。
人間てクソですわ。
加害者に同情の価値は無いですけど、同情出来る境遇です。だからと言って許されません。でも、自分に置き換えた時、俺も我慢ならんです。ただ、それで犯罪に走ったら底の底ですよね。
でも、でも、でも、、、てなりますよね。
あー、なんか落ち込んできた。
そんな映画です。

VANeRop
VANeRopさん / 2015年4月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白かった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 まさか黒人の生年が本当に人殺しだったとは、ちょっと無理があるような気もするのだが面白かった。ロリコンの人殺しだったら、もっと余罪がありそうなものだ。また、そのような卑劣な性犯罪者があんなにメンタルが強いとも思えない。

 警察があんなに雑な操作をしなければよかったのにと思った。

 そうは言っても途中までは完全に黒人青年を応援して見ていたので、うまく踊らされてしまい、そんな感じも楽しかった。

古泉智浩
古泉智浩さん / 2015年3月9日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

馬鹿を超えて阿呆 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

サスペンスから暴力に変わってしまうが、初めっから最後まで馬鹿丸出し映画。馬鹿にしてようやく成り立つストーリー。
それでも、悪党2人は頭脳明晰ぽい設定にしているが、本当に主人公を陥れたかったら、陥れているヒントを与えなくても良いのに、わざわざヒントを与え、主人公に家族を助けるチャンスを与えている。助けるシーンが必要な為とは言え、一捻りも無いスタッフまで馬鹿に見えてしまう。

映画の途中で、以前見た事に気づく、記憶ゼロ男
映画の途中で、以前見た事に気づく、記憶ゼロ男さん / 2015年3月6日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

阿呆ばかりの世界 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

登場人物全員が阿呆でないと成立しない脚本。観ていてイライラするぐらい阿呆ばかり。
主人公は犯人の嘘を素直に真に受ける。町の人や警官は、犯人が有罪であることを論理的に説明しない。検事も弁護士も本来やるべき証拠の分析をやってない。別の連続殺人犯の自供や手紙が何故か裁判で通用してしまう。犯人と別の連続殺人犯は同じ刑務所に長く居たのだから、いくらでも情報共有できたのに。
ここまで阿呆揃いの中、犯人の知能が高いので、こいつ無罪じゃないなと思ったら、案の定犯人でしたという予定調和ぶり。
最後にもう一度、やっぱり犯人は無罪という展開にすれば名作になったかもしれないのに勿体ない。

佐ぶ
佐ぶさん / 2015年3月4日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  単純 寝られる
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

子役スカーレットヨハンソン ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

あれ?もしかしてこの娘役の女の子は…⁉︎この作品で一番の驚き。エドハリスのサイコっぷりも初めて観た気がする。まるで別人。始まって1時間位で釈放されるし、頭が良いって事で先が読めてしまうストーリーだったが幼少時代の彼女が観れただけでも良かった。

がい
がいさん / 2014年11月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

それぞれの役柄の設定と演技がいい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

総合:75点
ストーリー: 70
キャスト: 80
演出: 75
ビジュアル: 70
音楽: 70

 犯人の指紋やDNAが被害者に残されていなかったことから、犯人を示すはっきりした証拠があるわけではない。結局最初はアールの告白によって、次はサリバンの告白によってのみ罪が立証されているだけである。それに同じ刑務所にサリバンとアールがいて二人がどうにでも話を合わせられる可能性があることから、最後まで怪しさが残ってた。
 そんな感じでどうも都合が良すぎるから、サリバンの手紙が裁判で公開されたときになんとなく結末が見えてしまった。アールは超名門コーネル大学に奨学金付き入学するほどの秀才であるから、八年間もあれば彼に都合のいい素晴らしい物語を作ることが出来ただろう。そしてそのための取引条件がこの時点で何かわからないが、それも与えることに成功したのだろう(取引条件は後で明らかになる)。そしてアールの被害者として受けた傷とそれが原因で芽生えた執念が鬼気迫る。映画としての演出の方向は違うが、少し「ケープ・フィアー」を思い出させる。それに「真実の行方 」よりも手の平返し振りはいいと思う。

 やや展開が読めたとは言いつつ、それでも登場人物の個性的な存在もあってこの映画は悪くない。不幸な被害者というのを不幸な生い立ちと絡ませて知性を感じさせながらうまく映画の中で演じたアール役のブレア・アンダーウッド、いかにも狂気の殺人鬼のサリバン役のエド・ハリス、これまた典型的な差別主義者で権威的でいけすかない南部の警官二人のローレンス・フィッシュバーンとクリストファー・マーレイ。ちょっとあまりに典型的すぎる設定かなと思いつつも、お人よしのショーン・コネリーの脇を固める人々が差別の強い南部の貧困地域の個性の濃い役を演じているのが見事。

Cape God
Cape Godさん / 2013年3月14日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

死刑は社会による復讐です ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画「理由(1995)」(アーネ・グリムシャー監督)から。
観終わってメモを眺めていたら、一番最初にメモしたフレーズ、
「死刑は社会による復讐です」が主張していた。
「いかなる神や政府であれ、復讐を認めるような思想を私は信じない、
でも、犯人の死によるむごい償いを望みはしない」
ショーン・コネリー扮する、死刑反対論者のハーバート大学の
法学部教授、ポール・アームストロングは、学生たちにこう言い放つ。
しかし物語は、その後、急展開し、意外な結末で終わる。
彼は、猟奇殺人の真相を追い求め、解決したけれど、
この事件を終えてからも、ハーバート大学の教壇に立ち、
同じフレーズを口に出来るだろうか、そんなことが気にかかる。
そもそも「死刑反対論者」として、続けていくのだろうか。
「総論賛成、各論反対」・・
社会的には死刑は反対だが、いざ自分の身内に降り掛かったら、
あんな犯罪者は死刑にすべきだ、と主張する気がしてならない。
人間が人間を裁くって、本当に難しい。

shimo
shimoさん / 2012年11月25日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人の恨みは深いんですね・・・・ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

正直、ショーンコネリーとローレンス・フィッシュバーンの絡み以外に期待していなかった作品ですが、いやいややられました。何も前知識なしに映画を観たのですが、前半は人種差別をテーマとした映画なのかと思いましたが後半は全くのサスペンス(ある意味ホラー)そのギャップに脱帽です。人のいい、弁護士を引退した大学の臨時講師を務めるショーン・コネリー扮する主人公なのですが、いやー「007」や屋の作品含めてこの人の出演作は全て存在感が他の役者と圧倒的に違いますね。今も現役で活躍されている大ベテランですが、本当に尊敬します。
他にも殺人犯役のエド・ハリス、よくこういったサイコキラー役に抜擢されるようですが本当はいい役者さんです。他の作品をいくつか観ていますが今回も本当にいやなサイコ役を演じきっています。
(本来3.5評価ですが、エド・ハリスに+0.5です)
興味持った方、本作品ぜひ観てみてください。
最後本当に怖いぞーーー。

としぱぱ
としぱぱさん / 2011年11月6日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

TSUTAYA発掘良品で

TSUTAYA発掘良品で借りました。

ショーン・コネリー ローレンス・フィッシュバーン エド・ハリス 素晴らしい俳優さん達で演技も最高です。
1時間位たった位で単純に釈放かよ〜って思ったら……色んな事が出てきて ハラハラしてました。この様な手のミステリーサスペンス映画好きです。

エド・ハリス の怪しげな演技素晴らしい__D_F9CC__

リンダ
リンダさん / 2010年12月6日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

11件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi