ラブ&パッション 情事の虜たち
ホーム > 作品情報 > 映画「ラブ&パッション 情事の虜たち」
メニュー

ラブ&パッション 情事の虜たち

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

倦怠期を迎えたまだ若いアメリカ人夫婦が浮気を通して互いの愛に目覚めていく姿を官能的に描くメロドラマ。監督は「カリギュラ」「鍵」のティント・ブラス。

ストーリー

1948年の港町カプリ。3年ぶりにバカンスでイタリアを訪れたフレッド(アンディ・J・フォレスト)とジェニファー(ニコラ・ウォーレン)のアメリカ人夫婦は、倦怠期を迎えそれぞれにかつての愛人と再会するという思惑を秘めていた。フレッドは、さっそくユネスコの調査旅行にかつての恋人ローザ(フランチェスカ・ドゥレーラ)を同伴し、自由奔放なローザとの情欲におぼれる。一方、ジェニファーは、野戦病院で強引に自分の処女を奪ったチーロ(ルイジ・ラェッツァ)の思い出を回想しながら、ローマで彼からの連絡を待っていた。だがやがてフレッドもジェニファーも過去の愛が幻想だったことに気付く。思わぬところで対面した二人は、互いの中に真実の愛を発見するのだった。...

作品データ

原題 Letter from Capri Capriccio
製作年 1987年
製作国 イタリア

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi