ラスト・ショー2
ホーム > 作品情報 > 映画「ラスト・ショー2」
メニュー

ラスト・ショー2

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

テキサスの田舎町を舞台としたニュー・シネマ青春群像劇の名作「ラスト・ショー」。その30年後を同一のスタッフ・キャストで描いた続篇。エグゼクティヴ・プロデューサーはジェイク・エバーツとウィリアム・パイファー、監督・脚本は「ロブ・ロウのおかしなおかしな探偵物語」のピーター・ボグダノヴィッチ、製作はボグダノヴィッチとバリー・スパイキングス、原作はラリー・マクマートリー、撮影をニコラス・フォン・スタンバーグが担当。出演はジェフ・ブリッジス、シビル・シェパードほか。日本版字幕は細川直子。カラー、ビスタサイズ、ドルビーステレオ。1990年作品。

ストーリー

1984年、夏。テキサスのさびれた田舎町、アナリーン。30年前の若者たちも今や立派な中年の域にさしかかっていた。デュエーン・ジャクソン(ジェフ・ブリッジス)は倒産寸前の石油会社を抱え、おまけに妻のカーラ(アーニー・ポッツ)とは喧嘩が絶えない。一方、今やアナリーンの市長となったサニー・クロフォード(ティモシー・ボトムズ)も亡くした人々の思い出の中にばかり浸り、心に深い喪失感を抱いていた。そこへ、かつてのデュエーンの恋人で、イタリアで女優をしていたジェイシー(シビル・シェパード)が帰ってくる。今も変わらぬ美しい彼女の姿にデュエーンは過ぎ去りし日々を懐しむが、ジェイシーもまた離婚を経験し、子供まで亡くした傷を秘めていた。それを知ったカーラは、夫と彼女のかつての仲を知りつつも、ジェイシーとの間に女同士の友情を育んでゆく。町は「百年祭」のイベントを目前に控えていたが、そのさなか、当の主役たるサニーが行方不明になってしまう。デュエーンとカーラが必死に探すと、サニーは30年前に閉館したロイヤル劇場で1人ぽつんとあるはずもない「映画」を見つめていた。「百年祭」の最終日、デュエーンは自分の会社が倒産したことを知るが、それを伝える、かつてサニーと関係があり、今はデュエーンの秘書となっているルース・ポッパー(クロリス・リーチマン)に、彼は何よりもまず、自分を見失っているサニーを救って欲しいと懇願する。そしてその夜、祭りがクライマックスを迎える中、デュエーンは何ごともなかったようにカーラと愛し合う。翌日、またもやサニーは失踪を遂げる。誰もいない祭りのあとに佇む彼を突然、30年前のロイヤル劇場の最終上映の日の「赤い河」の思い出が襲う。心の均衡を失って倒れかかるサニー。しかしその時、デュエーンとルースの手が彼をしっかりと抱き止めた。朝の光の中、アナリーンのメイン・ストリートに車を走らせる彼らを、ロイヤル劇場がいつもと変わらぬたたずまいで見下ろしていた。(日本ヘラルド映画配給*2時間6分)...

作品データ

原題 Texasville
製作年 1990年
製作国 アメリカ
配給 日本ヘラルド映画

提供:株式会社キネマ旬報社

「ラスト・ショー」シリーズ関連作品

他のユーザーは「ラスト・ショー2」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi