ライフ・イズ・ビューティフルのレビュー・感想・評価

ライフ・イズ・ビューティフル

劇場公開日 1999年4月17日
86件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

前半ヒヤヒヤ。 後半は好き。 息子に優しい嘘をつき続け生き続けた。...

前半ヒヤヒヤ。

後半は好き。
息子に優しい嘘をつき続け生き続けた。
優しくなり切なくなる。

riric
riricさん / 2018年4月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これこそ正しいお涙チョーダイ映画。何度目だかもう分からない鑑賞だけ...

これこそ正しいお涙チョーダイ映画。何度目だかもう分からない鑑賞だけど、やっぱり号泣。
しかめつらしく戦争について語るわけでなく、クスクス笑わせワクワクさせながら、忘れられない悲しみをもたらす。そして余韻の深さ。
マッチ売りの少女とかフランダースの犬みたいな、もう映画の枠も超えた、人の心に焼きつく物語だと思う。
素晴らしい。

まるぼに
まるぼにさん / 2018年3月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ライフイズビューティフルを観て。

主人公の男(ユダヤ)の人生を描いた映画。最初後の妻となる女性と出会い、そして子供ができ、本屋を営みながら幸せな日常を送っていたが、ナチスによる政策により反ナチスの影響で、強制労働所に移送される。その時、おじ、子ども、妻も一緒に移送される。まあ、よくあるナチシズムを描いた作品。前半の反ユダヤを匂わせる描写も多々みられた。主人公の男の楽観的な性格とナチシズムの暗さのバランスがなんとも言えない。結局伝えたいのは戦争の愚かさか、家族愛か、、、。まあ、戦争映画としては新しい観点からアプローチしているとは思う。ダイレクトに戦争の愚かさを描いてないため、観ている側に考えさせれることはできる作品。もしかしたら監督は戦争の愚かさをダイレクトに描写せずにしも考えてほしいという思いがあったのかもしれない。戦争の愚かさを伝えたいのであれば、もっと過激な表現ができるシーンが多かったから。題名のライフイズビューティフルは戦争の中でも強く生きた人への賞賛か、それとも戦争への皮肉か。まあ、前者だろう。アウシュビッツなどに関して調べてみたが、やはりこの作品はある意味戦争のグロさを抑えて表現していると思う。感動はしなかった。でも戦争に関して考えさせられた。

Ryunosuke.A
Ryunosuke.Aさん / 2018年3月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

愛あふれる映画 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

再鑑賞。
すばらしい映画だと思います。
前半はコメディタッチに声をだして笑うもロマンティック。
後半は強制収容所でもなお子と妻への愛あふれるグイドの想いに心を奪われました。

子を想う父親が我が子のために嘘をつき続け、嘘をも真へと変えていくグイドの努力が報われ、妻と子と3人で抱き合うシーンが観たかった。グイドが殺されてしまったことは残念で残念で・・・。

本物の戦車を目の前に、ゲームに勝ったと思いこんでいるジョズエの目を輝かせた笑顔がとても印象的。
笑顔にさせたのは父親グイドの愛です。
最後まで愛あふれる映画でした。

solala
solalaさん / 2018年2月22日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人生は、美しい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

思い出しレビュー40本目。
『ライフ・イズ・ビューティフル』

戦時下のヒューマン・ドラマの名作の一つ。
陽気なユダヤ系イタリア人のグイドは、小学校教師のドーラに一目惚れ。猛アタックの末、結婚。男の子ジョズエも産まれ、幸せな日々を過ごす。が、日に日に戦争が忍び寄り、一家は強制収容所に送られる…。

大人でさえ恐ろしい強制収容所。
子供にとっては尚更だろう。何も分からないから、余計怖い。
父がある嘘をつく。
これはゲームなんだ、と。
上手くゲームすれば、最後にご褒美が貰える。
するとそこは、ジョズエにとって毎日楽しい遊び場に。

子供を怖がらせない為、守る為。
辛い状況下でも、常に明るく。
父グイドの姿が胸を打つ。
ロベルト・ベニーニの好演。
ジョズエ役のジョルジオ・カンタリーニくんの愛らしさ。
テーマ曲も心に残る。

作品自体も素晴らしいが、“その後”によく思いを馳せる。
「私の物語」と始まる、大人になったジョズエの回想。この時の事を思い出して、何を思ったか。

当然成長するにつれ、あれがゲームではなく、本物の強制収容所である事は分かっただろう。
そしてゾッとしただろう。もしかしたら、死んでいたかもしれない。
あそこで生き延びる事が出来たのは、全て父が居たから。
母とは再会出来た。が、父は…。
おそらくジョズエは、何度も何度も涙しただろう。
父が命を懸けて自分を守ってくれた事に。
何度も何度も、感謝しただろう。
永遠に亡き父を愛し続けるだろう。

美しい父の愛。
美しい物語。
美しい映画。
人生は、美しい。

近大
近大さん / 2018年2月21日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD、CS/BS/ケーブル、映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

嘘から生まれる本当を。

いつだって全力で生きたこの男は、彼女を手にするためなら手段を選ばない。虚勢、見栄、それらを現実にしていく。どんな時でも、彼女の目の前に現れる姿は、いつだって変わらない。

おバカで、ださくて、笑えて、彼女を振り向かせることしか考えていない。一見それは、自分勝手で、相手のことを考えない言動かもしれない。ただその、必死さと、変わらなさが彼女を振り向かせたんだろう。運命を引き寄せる男だった。

後半、一変する展開。嘘をついてでも守りたかった真実。前半の彼女を手に入れるためなら手段を選ばないという自分勝手さを踏まえると、後半は、嘘を含めたすべての言動が、「息子のため」という構図になっている。

自分のためだけに生きていた前半と息子や妻のためだけに生きている後半。守りたいもの、息子や妻への愛のためなら、どんな嘘もついてやろう。それこそ、手段は選ばない。その大義のもと、自分の命さえも二の次にする。

本物の男。不思議なパワーを発揮する。作り話、嘘で固められたはずなのに、すべてを現実にする。1番根元にあったのは、息子への愛、何にも代え難い真実の愛。だから、嘘から生まれた現実は真実となったのだ。

ちゃーはん
ちゃーはんさん / 2017年11月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

後半〜ラストの疾走感

前半はあまり乗れなかった。むしろ主人公に感情移入できずその自分勝手さに若干の苛立ちも感じた。
しかし後半で話が一変すると、前半の描いた主人公のキャラクターの見方が一気に変わってみえる。私たちが映画を見るように辛いときこそ喜劇が必要なのだと、彼は教えてくれる。どす黒いテーマを扱いながらも必要以上に語らないストーリーテリングもよかった。

minto
mintoさん / 2017年11月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

観て良かった

こういう映画はあんまり観ないが、観て本当に良かった。
前半の明るさから一転した後半の暗さ。絶望の中でも希望を持ち続ける主人公に心を打たれた。
涙あり、笑いありの名作。
今まで観た映画ではなかった感動を味わうことが出来た。

なちゃん
なちゃんさん / 2017年10月23日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

感動!親父かっこいい!

感動!親父かっこいい!

ぶらおか
ぶらおかさん / 2017年9月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

見事に感動してしまう映画、熱烈な純愛、戦争と収容所などなど要素がこ... ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

見事に感動してしまう映画、熱烈な純愛、戦争と収容所などなど要素がこれでもかとあるからかなぁ。

どんな人にもいい映画って思わせるはず。

主人公のお父さんの人間性はすごいなぁ、どんなときでもポジティブで笑ってばかり。

なんでも希望を持って、前向きに生きるって大事ってことか。

tsucchi1989
tsucchi1989さん / 2017年8月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

愛し愛され生きる

解説不要の名作である。

最後まで夫と息子の近くに居続けた妻、涙一滴流さず辛い苦役をも笑って乗り越えた夫、そしてその2人が何に代えても守りたかった愛すべき息子。

前半の明るいコメディがあったからこそラストシーンでグッとくる。

奇跡というのは、愛し愛される者の下に起こるのである。

nagi
nagiさん / 2017年8月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

前半のコメディから後半一気にシリアスに変わって家族愛溢れるいい映画...

前半のコメディから後半一気にシリアスに変わって家族愛溢れるいい映画です。
伏線の回収も気持ちよくスマートで名作なんじゃないでしょうか。

ブラヒ
ブラヒさん / 2017年7月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

父親として震える

子育てをしている親なら、主人公の愚直なまでに愛と勇気ある行動に感情移入してしまうと思う。父親なら特に。

hooponopono
hooponoponoさん / 2017年7月3日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

前半と後半で。

ここまで前半と後半でテンションの違う映画も珍しいですね。
個人的には前半が好きです。本質は後半なんですが。

ねじまき鳥
ねじまき鳥さん / 2017年6月17日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

だいすき

たっぷりの愛情に溢れた映画。
自分史上1番すき。最後。

a.
a.さん / 2017年5月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

●こんな風に生きたいもんだ。

まず音楽がステキ。イタリアらしいゆったり感というか。
グイドのユーモアにマッチして楽しい気持ちになる。
そして嫁と息子のお口あんぐり顔が好きだ。しゃっくりと一緒に遺伝したのね。

静かに忍び寄る戦争の足音。変わらず楽しく生きるクイド。

作品の根底に流れるのは、変わらぬ家族愛だ。
こんなステキなオヤジ、人に自慢したくなるよね。
人生は美しい。言い得て妙。

うり坊033
うり坊033さん / 2017年4月29日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

十数年ぶりに午前10時の映画祭で再見。 最初に見た時はウンザリした...

十数年ぶりに午前10時の映画祭で再見。
最初に見た時はウンザリした前半のパートが、結末を知ってから見ると必要なんだという事がよく分かりました。
リアリティは無いし、悲しい話ではありますが、最後のジョズエのセリフで全てが救われて感動出来る。
やっぱり名作でした。

やまぼうし
やまぼうしさん / 2017年4月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

素晴らしかった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 それこそ公開当時にレンタルビデオで見て、2回目。大まかにしか覚えていなかったのでスクリーンで改めて大感動してボロ泣きした。見終わって席を立って後ろを振り返るとお客さんがみんな涙をぬぐっていた。

 演説の通訳の場面が最高に面白くて泣ける。

 荒唐無稽なところはなくはないけどそれを有耶無耶にするほどの泣かせ力があるので気にならなかった。ただ、自分は子どもがいていいけど、他の子どもと引き離されたおじさんたちは余計つらいのではないだろうか。

 最後は、収容所から出なくてそのままベッドでこそこそしていたら死なずに済んだのではないだろうか。

古泉智浩
古泉智浩さん / 2017年4月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

名画って こんな

全てが古い ギャグも フィルムの色も…懐古趣味かと思いきや いつの間にか
引き込まれ 後半からは涙ボロボロでした
館内にもすすり泣きの音が…
あー昔の名画ってこうだったなあと 思い知らされる。それが 新鮮な感動
最近見た ララランドも昔のミュージカル リメイクだが 完全にアップデートされているが これは完全に古き良きイタリア映画
改めて 古い名画を見てみようという気になる
しかし、顔見知りのドイツ医師のあの恐ろしい程の頓珍漢ぶりは顔つきからまさにイカレていて リアル過ぎて怖かった。

U-TA
U-TAさん / 2017年4月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

泣いた

どんどんクソになっていく社会に対して男より女の方が敏感なのかも。ただの夢想家に過ぎない男が家族のために「個」を捨てた結果、光輝く生。ラストのアメリカ兵かっこ良すぎ、やっぱり彼らには「自由」の象徴であって欲しい願望

めたる
めたるさん / 2017年4月15日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

86件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi