容疑者(1987)のレビュー・感想・評価

メニュー

容疑者(1987)

劇場公開日 1988年5月14日
1件を表示 映画レビューを書く

みんなが若い!

シェール×デニス・クエイド×リーアム・ニーソン。こりゃ、見るっきゃないっしょ。

「官選弁護人と陪審員は接触してはならない。弁護士資格はく奪」っていうスリルと、本当の犯人はいったい誰?と二つの謎が絡まって。30年前の作品とはいえ、結構スリリング。

聴力がなく失語症の被告がどうやって法廷に立つのか?と思ったら。法廷のやり取りはパソコンの画面に出てきて。被告の発言は文字をパソコンに移す。なるほどねえ。ってかパソコンがTV型だし!

デニス・クエイドがめちゃくちゃかっこよくて。びっくりでした。
ストーリーも今でも通じるものですね。

fukui42
fukui42さん / 2017年9月20日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi