夕陽のガンマン
ホーム > 作品情報 > 映画「夕陽のガンマン」
メニュー

夕陽のガンマン

劇場公開日

解説

セルジオ・レオーネとフルヴィオ・モルセッラのストーリーをルチアーノ・ヴィンセンツォーニとセルジオ・レオーネが脚色、レオーネが「荒野の用心棒」(この時はボブ・ロバートソンというアメリカ名前を使った)についで発表した製作・監督担当の西部アクション。撮影はマッシモ・ダラマーノ、音楽はエンニオ・モリコーネが担当した。出演クリント・イーストウッド、リー・ヴァン・クリーフ、ジャン・マリア・ヴォロンテほか。テクニカラー、テクニスコープ。

ストーリー

マンゴー(C・イーストウッド)は若い男で激しい性格、物事はすばやく片づけるのが得意だ。もう一人、大佐(L・V・クリーフ)と呼ばれる男は初老で、身のこなしも上品、冷静に計算してから仕事を片づける。この二人お互いに相手を知らなかったが、共通の目的はインディオ(G・M・ポロンテ)と呼ばれる凶悪な殺人鬼を探し、殺すことだった。賞金は二万ドル。マンゴーと大佐の出会いは、お互いの不信から決闘寸前にまでいったが、血をみずに終り、共通の目的を果たすために手を結んだ。もちろん賞金は山分け、ということで……このときインディオは牢獄を脱走し、仲間と一緒にエル・パソの銀行を襲撃する計画をねっていた。これを知った二人は、一人がインディオの仲間に潜入し、手引きをした末に彼を殺すことにきめた。そしてマンゴーが潜入する役を引きうけることになった。銀行襲撃の日--うまうまとインディオ一味に加わったマンゴーは内部から、大佐は外からインディオを倒すことに手はずをととのえた。ところが素早いインディオのため計画は失敗。舞台はメキシコ領の小さな村に移された。ここで略奪品に手を出したマンゴーと大佐は、インディオの手下に捕えられてしまった。だが二人を助けて自分の手下を殺させその上で二人を殺そうというのがインディオの考えだった。結果は二人の銃弾に手下は皆殺しになりさらに大佐はインディオの銃の前に立たされてしまった。懐中時計のオルゴールが鳴りやめば大佐の命は消える。このときマンゴーがあらわれ、彼の立会いの下、大佐とインディオの決闘が行なわれることになった。銃弾はとびかい、インディオは倒れた。マンゴーに感謝した大佐は、賞金の山分けを辞退、彼は望みどおりすべての賞金を頂だいすることになった。...

作品データ

原題 For a Few Dollars More
製作年 1966年
製作国 イタリア
配給 UA

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全14件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

夕陽のガンマン
夕陽のガンマン
2013年12月27日
¥400
ビデオパス
※au IDが必要

他のユーザーは「夕陽のガンマン」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi