誘拐(1956)
ホーム > 作品情報 > 映画「誘拐(1956)」
メニュー

誘拐(1956)

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

悪質な刑事犯罪である誘拐事件にメスを入れたヒット・テレビ劇の映画化。テレビと同じシリル・ヒュームとリチャード・メイボウムが脚色を担当、テレビの演出者アレックス・シーガルが処女監督。撮影は「明日泣く」のアーサー・E・アーリング、音楽はジェフ・アレクサンダー。主演は「アメリカの戦慄」のグレン・フォード、「ベニイ・グッドマン物語」のドナ・リード、他にロバート・キース、初登場のレスリー・ニールセンなど。

ストーリー

真空掃除機製造会社の社長デイヴィッド(グレン・フォード)が八歳になる息子のアンディと遊び道具を作る約束で早めに帰ると息子はいない。受持の先生から電話でかかりつけ医師ゴーマンの看護婦が健康診断だと連れ帰ったという。デイヴィッドと妻エディス(ドナ・リード)は疑惑に襲われ直ちに署長バケットに連絡。家中の電話に傍受装置がつけられ誘拐犯人からの連絡を待つ。そこへクロニクル紙の記者チャーリイ(レスリー・ニールセン)がスクープに乗り込んで来る。やがて犯人から電話、要求は50万ドル。デイヴィッドは会社の重役である兄のアルに金の手配を頼む。傍受装置でも犯人の手掛りはつかめずエディスは半狂乱。デイヴィッドも今夜のテレビで金を払うと約束しようと決心。だがその時、署長とチャーリイの言葉を耳にする。子供を殺してから身代金を要求する場合があり、金を払うと約束すると子供を殺す確率が増える。誘拐という犯罪をなくすためには、商売にならぬことをわからせねばならないという。その夜デイヴィッドはテレビで身代金は払わない、子供が戻らぬ場合、50万ドルは犯人逮捕の懸賞金にすると回答。世論は沸き、クロニクルを除く新聞も彼を非難。エディスさえアルの許へ去った。子供への愛は世のどの親より深いデイヴィッドは苦悩の余り倒れた。だがある夜、苦悶に沈む彼の前に突然アンディが無事な姿を現わす。犯人は遂に不明。しかしデイヴィッドは勝利を得たのである。...

作品データ

原題 Ransom!
製作年 1956年
製作国 アメリカ
配給 MGM

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

DVD・ブルーレイ

カルメン[DVD] 決断の3時10分[DVD] 無頼漢[DVD] 去り行く男[DVD]
カルメン[DVD] 決断の3時10分[DVD] 無頼漢[DVD] 去り行く男[DVD]
発売日:2008年4月24日 最安価格: ¥827 発売日:2015年7月24日 最安価格: ¥1,000 発売日:2014年1月29日 最安価格: ¥1,221 発売日:2010年8月25日 最安価格: ¥1,221
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi