ヤング・ハワイ
ホーム > 作品情報 > 映画「ヤング・ハワイ」
メニュー

ヤング・ハワイ

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

フレデリック・コーナーの原作をルース・ブルークス・フリッペンが脚色、「ギジェット」シリーズ(サンドラ・ディーをスターダムに送った)で名をなしたポール・ウェンドコスが演出したアメリカ青春ドラマ。撮影は「ボーイハント(1961)」のロバート・ブロナー、音楽は「ピクニック」のジョージ・ダニングが担当した。製作はジェリー・ブレスラー。主題歌はフレッド・カーガーが作詞しスタンリー・スタインが作曲した。出演は「パリよこんにちは」のデボラ・ウォーリー、「ナバロンの要塞」のジェームズ・ダーレン、「勝利者(1963)」のマイケル・カラン、「ペペ」のヴィッキー・トリケット、ほかにカール・ライナー、ペギー・カスなど。

ストーリー

ギジェット(デボラ・ウォーリー)は恋人のジェフ(ジェームズ・ダーレン)とつまらぬことで喧嘩をしたまま両親とハワイ旅行に立った。飛行機で彼女はアビー(ヴィッキー・トリケット)やTV歌手エディー(マイケル・カラン)と知り合った。アビーはエディーにひかれていたが、彼はギジェットの方に好意を寄せた。ギジェットも彼の明るい性格にひかれた。ある日海からあがった2人はどちらともなく接吻した。そのとき2人の前にジェフが現れた。ギジェットを心配した父親が呼び寄せたのだ。ギジェットに新しい恋人のできたと誤解したジェフはアビーとことさら仲よく振舞った。エディーのことでギジェットを恨んでいるアビーが彼女のスキャンダルを話したことから、噂が立ち始め、ギジェットの片意地から意外なことになってしまった。エディーはそんな彼女に恋の告白をしたが、いまの彼女はうけいれる気にはならなかった。一方ジェフも本当に愛しているのは彼女だと気づき、ギジェットとの間の誤解を解くことにした。ところがアビーの両親とギジェットの両親がアベックで歩き、たまたま娘に目撃され、ヘンな誤解をされる。それが解けるころ、皆の心もさっぱり解決していた。...

作品データ

原題 Gidget Goes Hawaiian
製作年 1962年
製作国 アメリカ
配給 コロムビア

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi