柔らかい肌(1964)
ホーム > 作品情報 > 映画「柔らかい肌(1964)」
メニュー

柔らかい肌(1964)

劇場公開日

解説

フランソワ・トリュフォーとジャン・ルイ・リシャールの共同脚本を、トリュフォーが監督した心理映画。撮影は、トリュフォー作品にはほとんどつき合っているラウール・クタール、音楽もコンビのジョルジュ・ドルリューが担当した。出演は「いぬ」のジャン・ドザイ、「リオの男」のフランソワーズ・ドルレアク、舞台女優のネリー・ベネデッティ、ダニエル・チェカルディ、サビーヌ・オードパンなど。

ストーリー

ピエール(ジャン・ドザイ)は四十四歳、文芸雑誌の編集長で著名な評論家でもある。彼はリスボンへの旅行の途中、美しいスチュワーデス、ニコール(フランソワーズ・ドルレアク)と知りあった。リスボンに着いてから、彼はニコールを食事にさそい異郷の町で一晩中語りあった。この日から、平和でなに不自由ない落ちついた彼の生活が狂い始めた。二人はパリに帰ってからもしばしば会うようになったが、どこにも落ちつける場所はなかった。その頃ピエールに、田舎町での講演の依頼があり、密かにニコールをつれて出発した。講演が終ってからも田舎町の人は彼を放してくれない。深夜、やっとのことで町を脱出した二人は、誰も邪魔する者のいないホテルに着き愛を確かめあった。しかしピエールにとって、単なる浮気ではなかったにしても、やはり家のことが気になり始めた。予定よりまる一日帰宅が遅れているのだ。その頃、講演先に電話をかけた妻のフランカ(ネリー・ベネデッティ)は帰宅した夫を疑い、激しくその行動をなじった。いさかいの果てに離婚のことまで口ばしった。しかしそれはピエールにとっては思うつぼだったのだ。その日から彼は事務所に寝とまりするようになりニコールと新しい生活をするためのアパート探しを始めた。しかしニコールはピエールの求婚を拒絶してしまった。行き場のない孤独が彼をつつみ、友人に相談し、妻に謝罪することにした。だがその頃、夫とニコールのことをすべて知った妻は、古い銃を取り出し、無言のまま家を出た。彼が妻に電話をかけたのはその直後だった。ピエールが行きつけのレストランで新聞を読んでいる頃、そこへ向かう妻の顔には殺意がみなぎっていた。...

作品データ

原題 La peau douce
製作年 1964年
製作国 フランス
配給 ヘラルド

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全1件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「柔らかい肌(1964)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi