野獣狩り カウボーイ・スタイル
ホーム > 作品情報 > 映画「野獣狩り カウボーイ・スタイル」
メニュー

野獣狩り カウボーイ・スタイル

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「世界の七不思議」のアンドリュー・マートンが製作・監督にあたり、シナリオをアンディ・ホワイト、撮影はハリー・ギラム、音楽をマルコム・アーノルドが担当している。出演者には、「アカプルコの出来事」のヒュー・オブライエン、「クロスボー作戦」のジョン・ミルズ、他にナイジェル・グリーン、エイドリアン・コリーなど。

ストーリー

アフリカのケニヤに大きな農場を持つヘイス(ジョン・ミルズ)は、野生の動物を家畜のように飼育する計画を持っていた。それは野生動物から食用肉が取れるし、草原が動物たちによって食い荒される心配もなくなるからだった。ヘイスはこの仕事のために、ジム(ヒュー・オブライエン)と彼の相棒でナバホ・インディアンのジョン(トム・ナーディニ)をアメリカから呼んだ。ヘイスの農場の近くの牧場経営者ベッカー(ナイジェル・グリーン)は、この計画に反対だった。野獣が疫病をもたらすというのだった。だが、ヘイスはケニア政府から、この計画の許可を取っていた。ジムとジョンは投げなわで、動物たちを生け捕りにしていった。“野獣牧場”にはしだいに動物がふえていった。ベッカーは、動物学者コップ博士とその婚約者フェイ(エイドリアン・コリー)を抱きこんで、機会さえあれば妨害しようとしていた。そして、疫病が伝染したとケニア政府に訴え出た。動物管理官が、ヘイスの“野獣牧場”を調べに来たが、疫病が認められなかった。ベッカーは非常手段に訴えるほかなくなった。牧場に忍びこんで、病菌を注射しようというのだ。しかし、ジムに現場を発見され、さんざんに痛めつけられた。こうして、世界最初の“野獣牧場”は完成した。野生の動物たちも、囲の中の生活を楽しむようになった。ジムとジョンがテキサスに戻ることになって、その前夜、お別れのパーティーが開かれた。その騒ぎにまぎれて、ベッカー一味は囲をこわし、動物たちを逃がした。ジムとジョンが動物を追ったが、動物は捕まらなかった。翌朝、くたくたになってジムとジョンが牧場に帰って来た。そこには、昨晩逃げた動物たちが帰っていた。囲の中の生活になれはじめていた動物たちは、誰にも追いたてられないでも、牧場にもどって来たのだ。ベッカーは捕まえられ、ヘイスの“野獣牧場”は正式に政府から認可がおりた。ジムとジョンは、アフリカに新しい魅力を感じて、“野獣牧場”にとどまることになった。...

スタッフ

監督
アンドリュー・マルトン
脚本
アンディ・ホワイト
製作
アンドリュー・マルトン
撮影
ハリー・ギラム
音楽
マルコム・アーノルド

作品データ

原題 Cowboy in Africa
製作年 1962年
製作国 アメリカ
配給 パラマウント映画

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi