モンテネグロ
ホーム > 作品情報 > 映画「モンテネグロ」
メニュー

モンテネグロ

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

退屈な毎日を送る主婦の心の奥底に潜む狂気を、彼女が性的に変化してゆく姿の中で描いてゆく。製作はボー・ヨンソン、監督・脚本は「スウィート・ムービー」のドウシャン・マカヴェイエフ、撮影はトミスラフ・ピンター、音楽はコーネル・コヴァックが担当。出演はスーザン・アンスパック、スヴェトザル・ツヴェトコヴィッチほか。

ストーリー

スウェーデンに住む裕福なアメリカ人ビジネスマン、マーティン・ジョーダン(エルランド・ヨセフソン)の妻マリリン(スーザン・アンスパック)は、ストックホルム郊外の美しい山荘で、二人の子供と共に何不自由ない快適な生活をしていたが、彼女の心の奥底には、退屈な主婦の欲求不満が深く潜んでいた。奇行の目立ち始めた妻を案じたマーティンは、精神科医パザージャン博士(パール・オスカーソン)に相談していたが、大晦日の日、マリリンは夫のブラジル出張に同行すると言った。しかし彼女は出国手続の際に警官に疑われ、その間に飛行機に乗り遅れてしまう。取調室でマリリンは、ユーゴスラビアからやってきた女性ターク(パトリシア・ゲラン)と知り合い、彼女が勤めるクラブのオーナー、アレックス・ロシニョール(ボラ・トドロヴィッチ)に誘われるまま、移民労働者たちの酒場へと向うのだった。そこで彼女はモンテネグロ(スヴェトザル・ツヴェトコヴィッチ)という青年と出会い、彼の無垢な優しさと力強い男らしさに、催眠術にかけられたように魅了される。酒と女と喧嘩が渦巻くその喧噪の中で、新しい自由な空気に歓びを覚えるマリリンは、やがて夜空に新年の花火が上がる頃、モンテネグロと結ばれる。一方マーティンは、妻の留守の間に、パザージャン博士と奇妙な友情で結ばれるようになっていた。翌朝マリリンは、バーを後にし帰宅した。そしてモンテネグロは、誰にも知られず死んでいた。マーティンは妻の二日間の失踪に当惑しつつも、今後の幸福を確信するが、そこには大きな不穏な空気が隠されているのである。...

キャスト

作品データ

原題 Montenegro or Pigs and Pearls
製作年 1981年
製作国 スウェーデン・イギリス合作
配給 コムストック

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第34回 カンヌ国際映画祭(1981年)

出品
コンペティション部門
出品作品 ドゥシャン・マカベイエフ

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「モンテネグロ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi