モア
ホーム > 作品情報 > 映画「モア」
メニュー

モア

劇場公開日

解説

新しい世代の愛のかたちを斬新なタッチで描く。製作・監督はシャブロール、ゴダールの助監督を経たバーベット・シュローダーの第一作。脚本もシュローダーとポール・ジェゴフ、撮影はネストール・アルメンドロス、音楽はイギリスのロック・グループのザ・ピンク・フロイドがおのおの担当。出演は「暴走52マイル」のミムジー・ファーマー、新人クラウス・グリュンバーグ、その他ミシェル・シャンデルリ、ハインツ・エンゲルマン、ルイズ・ウィンクなど。

ストーリー

冒険と知識を求めて、ヒッチハイクでパリに着いたドイツ青年スティファン(K・グリュンバーグ)はイカサマ賭博師のチャーリー(M・シャンデルリ)と知り合う。そして、彼に連れていってもらったヒッピー族のパーティーでアメリカ美人エステル(M・ファーマー)と会い、一目で恋をする。彼女は物憂げで、投げやりな言葉使いをし、チャーリーはあんな女と深入りするなと言うが、謎めいた魅力に増々惹かれていった。エステルは地中海の島イビサに渡っていくが、一週間後、スティファンも島に着き、ウォルフ(H・エンゲルマン)の家で彼女と会った。ウォルフは元ナチの将校で、スペインに亡命、今はホテルやレストラン等を経営していた。麻薬を扱っている噂もあった。エステルがウォルフの女ではないかとスティファンは疑るが、結局二人は別荘を借りて住みつく。彼女は行きがけにウォルフの机から金とヘロインを盗んで来る。奔放で夢のような数週間が過ぎた。或る日、エステルの友人キャシー(L・ウィンク)が訪ねてくる。二人は同性愛者であり、キャシーはヘロイン常用者であった。スティファンもヘロイン、LSDの味を覚える。間もなく二人はウォルフに見つかり、盗んだ罰でスティファンはビア・ホールで働かされる。表向きはバーテンだが、麻薬密売の手伝いだったのだ。エステルは麻薬欲しさにウォルフと寝るようになる。二人は麻薬を絶とうとするが徒労であった。或る日、禁断症状になった。エステルは姿を消す。スティファンは探し廻るが、麻薬の禁断症状が彼にもあらわれ、売人から買った麻薬を、致死量以上に注射してしまう。「悲劇を伴わない快楽なんて、どこにあるか!」彼は、イビサで死んだ。...

作品データ

原題 More
製作年 1970年
製作国 ルクセンブルグ
配給 現代映画

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「モア」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi