メン
ホーム > 作品情報 > 映画「メン」
メニュー

メン

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

一人の女性をめぐる男同志の奇妙な連帯感を描いたコメディ映画。製作はハラルド・クーガー。監督・脚本は女流監督で本作品が日本公開第一作になるドリス・ドリー。撮影はヘルゲ・ヴェインドラー。音楽はクラウス・バンツァーが担当。出演はハイナー・ラウターバッハ、「U・ボート」のウーべ・オクセンクネヒト、ウルリケ・クリーナーほか。

ストーリー

ミュンヘンの広告会社に勤めるユリウス(ハイナー・ラウターバッハ)は結婚十二年目のパーティーの席で妻・パウラ(ウルリケ・クリーナー)の浮気を知る。自分も秘書との情事を楽しんでるくせに、妻の浮気となるとやけに気になる彼は、彼女の愛人シュテファン(ウーベ・オクセンクネヒト)が同居人を求めていることを知るや、早速、自らをダニエルと名乗り、何とか彼との同居を果たすのだった。初めはぎこちなかったこの奇妙な共同生活も、互いの個性を認めるようになってからは落ちつきをみせはじめ、やがてユリウスは、知人の広告会社にシュテファンを秘かに紹介し、就職を約束させるまでになる。しかし、それによってしっかり仕事人間に変貌してしまったシュテファンに愛想をつかしたパウラは、ユリウスの胸に帰ってゆき、二人の共同生活も終りを迎えるのだった。そんなある日、ユリウスは社長からある一人の男性を紹介されるが、その人物こそシュテファンその人であった。再開した二人はこれまでの嘘がすっかりばれてしまった今、改めて仕事仲間として一緒にやってゆくことを確認するのだった。...

作品データ

原題 Men
製作年 1985年
製作国 西ドイツ・西ドイツ合作
配給 松竹富士クラシックス

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi