無人の野
ホーム > 作品情報 > 映画「無人の野」
メニュー

無人の野

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

戦場を舞台にして、若夫婦のささやかだが愛情にみちた家庭生活を描く。75年4月のサイゴン解放後、同市(現在のホー・チ・ミン市)に創設された総合撮影所で作られた映画で、解放後の南ベトナムで製作された映画が日本で上映されるのは、これが初めてである。81年度モスクワ国際映画祭金賞、批評家大賞を受賞している。監督のグェン・ホン・センは解放戦の記録映画を撮りつづけた人物で、長編劇映画は「季節風」(79)に続く二作目。今39歳で、この映画のヒロインを演じるグェン・トゥイ・アンは彼の妻である。脚本はグェン・クァン・サン、撮影はズオン・トゥアン・バ、音楽はチン・コン・ソン、美術はフィン・キム・ゴクが担当。出演はグェン・トゥイ・アン、ラム・トイ、グェン・ホン・トゥアン、ダオ・タイン・トゥイ、ロバート・ハイなど。

ストーリー

ベトナム戦争後期の1972年。南ベトナムのクー・ロン・デルタ地帯ヘの入口に当るドン・タプ・ムオイ地区。アメリカ軍は戦場にはさまれたこの地区を“無人地帯”にし、ベトナム解放軍同士の連絡を断とうとした。住民たちは強制的に戦略村に収容される。しかし、その無人の野にも人間の営みはあった。若い農民のバドー(ラム・トイ)、妻のサウ・ソア(グェン・トゥイ・アン)、二人の間に生まれたスアン・ヴー(グェン・ホン・トウァン)が、水上家屋に住み、解放軍の連絡員をつとめていた。彼らの生活はアメリカ軍のヘリコプターにおびやかされることもあった。ある日、小舟で出かけたソアは、ヘリに襲われ、あやういところでソアは水中に逃がれたが、小舟は爆破された。アメリカ側はヘリの撮影した小舟の写真を見て住民がいることを知り、ジーン中尉(ロバート・ハイ)に絶滅を命じた。その頃、連絡員の基地では隊長(ホン・チー)が、ホー・チ・ミン大統領の言葉「独立と自由より尊いものはない」を引用して、奮起を呼びかけていた。バドー夫婦の間にもちょっとしたいさかいはあったが、すぐに仲直りした。アメリカ軍のヘリは、バドーたちが育てる水稲を見つけた。夫婦は地上の待避壕に居を移し、夜間に稲刈を終えた。解放軍の攻撃が迫り大部隊が近くの林に到着する。バドーはついにアメリカ軍のへリに追いつめられて、射殺された。ソアは夫の死を目前にして銃をとり、ヘリの射手を撃ちおとした。他の連絡員たちの一斉射撃でヘリは撃墜された。ヘリにはジーン中尉の死体があり、そのそばには彼の愛妻と赤ん坊の写真が落ちていた。ソアの耳には待避壕で泣き叫ぶわが子の声が聞えてくるようだった。...

作品データ

原題 Canh dorg Hoang
製作年 1980年
製作国 ベトナム
配給 「無人の野」普及委員会
上映時間 95分

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「無人の野」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi