ミラノの銀行強盗
ホーム > 作品情報 > 映画「ミラノの銀行強盗」
メニュー

ミラノの銀行強盗

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

一九六七年九月二五日イタリアはミラノで実際に起った銀行強盗事件に取材して作った犯罪映画。脚本はカルロ・リッツァーニ、ディノ・マイウリ、マッシモ・デ・リタの三人、監督は「帰って来たガンマン」のカルロ・リッツァーニ。撮影はオテロ・スピーラ、音楽はリズ・オルトラーニが担当した。出演は「群盗荒野を裂く」のジャン・マリア・ヴォロンテ、トマス・ミリアンほか。製作は、ニーノ・クリスマンとディノ・デ・ラウレンティス。テクニカラー、テクニスコープ。

ストーリー

ここ数年イタリアのミラノには悪質で、しかも兇悪な犯罪が続発するようになっていた。美しい田舎娘を娼婦にし、あげくのはてには、ガソリンをかけて焼き殺す、といった事件さえ起っていた。そして夜の商売には、用心棒と称する暴力団員が、にらみをきかしていた。そして銀行強盗も盛んであった。三人組の強盗団が、ミラノやナポリの銀行を次々と荒していったが、彼らには前科がないので警察も、なかなか捕えることが出来ない。首領格はキャバレロ(ジャン・マリア・ヴォロンテ)ほかにはノタルニコラ、ロボレットらである。彼らはみな、一見、静かな男たちだった。ある日のこと、銀行襲撃の用意をしていると、十七歳のロペスに見られてしまい、一味に加えることにした。彼は母と二人の貧しい暮し。すすんで一味に加わった。そして四人組の仕事がスタートし、ミラノの銀行に押し入った。すべて順調に行ったが、カバンに札を詰めこむ時少々時間がかかり、これがすべてを狂わせてしまった。パトカーが追い、一味は街中をフルスピードで突っ走る。何人かの市民が射殺され、市街戦の様を呈してきた。そして一味の車は電柱に衝突、四人はそれぞれ逃げ出したが、ロボレットが捕ってしまった。彼の告白で全員逮捕された。...

作品データ

原題 The Violent Four
製作年 1968年
製作国 イタリア
配給 パラマウント

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi