マリアの泉
ホーム > 作品情報 > 映画「マリアの泉」
メニュー

マリアの泉

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

画像1

解説

デンマークのコペンハーゲンを舞台に、幾つかの愛を経験し、傷つきながらも自立していく、18歳の少女の青春を描く。原作は、ケアステン・トールップのベストセラー小説『天国と地獄』。監督は、脚本も手掛けるモーテン・アーンフレーズ、製作はマズ・エグモント・クリステンセンと「アーリー・スプリング」のティーヴィ・マグヌッソン。脚本はヨーン・ユングダール、撮影はディアク・ブリーエル、音楽はオーレ・アーンフレーズが担当。

ストーリー

1960年代後半のコペンハーゲンは、若者を中心としたフラワー・パワー、学生や労働者たちのデモ行進が続く、反体制の時代の真っ只中にあった。その中で、18歳の少女マリア(カリーナ・スカンズ)は、有名な音楽学校コンセルバリーに通い、ヴァイオリンの練習に明け暮れる毎日を送っていた。ある日、いつものヴァイオリンの練習中、教師は突然マリアを求める。日頃から教師に好意を抱いていたマリアは、驚きながらも、未知のものへの憧れから、彼を受け入れた。子供ができるのではないかという不安に悩む一方で、教師への思いをつのらせるマリア。しかし、教師には妻子がいて、マリアを冷たく突き放す。幼いマリアは絶望して自殺を図るが、一命をとりとめる。ヴァイオリンを捨て、両親のもとを去ったマリアは、街でウェイターのジョニ(オーレ・レムメケ)と知り合い、同棲を始めた。ジョニは真面目で仕事熱心な青年で、ひたすらにマリアを愛する。だが、実は、ジョニには別に愛している男がいたのだ。マリアはショックをうけ、ジョニのもとを去るが、愛の悲しみを知って成長した彼女は、自分自身に忠実に生きようと、再びヴァイオリンを手にするのだった。...

作品データ

原題 Himmel Og Helvede
製作年 1988年
製作国 デンマーク
配給 アルバトロス

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi